友だちいない研究所

ぼっち(友だちいない)の生き方・暮らし方を研究します。自分なりのぼっち体験から得たこと、分かったことをお話しします。友だちいない社会人X年目。

カテゴリ: 音楽

セレンディピティというのは「素敵な偶然に出会ったり、予想外のものを発見すること。 また、何かを探しているときに、探しているものとは別の価値があるものを偶然見つけること」だとウィキペディアにかかれていました。「じつはうちの妻に出会ったのがまさにそれで」という ...

東京バレエ団の全国ツアーであるHOPE JAPAN 2021が2021年7月3日(土)、東京文化会館を皮切りに7月19日(月)まで大阪からいわきまでさまざまな街で演じられます。私は初日つまり本日の公演に足を運び、上野水香さんの踊る「ボレロ」に深い感銘を受けました。人はなぜ踊るの ...

ぼっち@3_bocchiオーケストラの味わい深い音色とあいまって端正、精緻なバレエにうっとり。素晴らしい時間をありがとうございました。 https://t.co/zjbqno40oW2021/06/13 22:16:252021年6月5日~13日に新国立劇場で開催されたバレエ『ライモンダ』は、東京フィルハーモニー ...

かつて私はaikoさんの聖地巡礼をしたことがあります。三国駅とか、ガロとか・・・。これをきっかけに大阪が大好きになり、この街を訪れるたびにむやみと長い商店街を歩きながらついニヤニヤしてしまいます。aikoさんの代表曲といえば「カブトムシ」。ご自身は著書『aiko bon ...

東京大学教授で、専門は政治思想史だった丸山眞男は音楽をこよなく愛していたことで知られています。彼の音楽関係の蔵書は評論や解説書の類はほとんどなく、主に楽譜だったそうです。つまり誰かの言説に惑わされるのではなく、徹底して自分で楽譜を研究して、自分はどう考え ...

ぼっち@3_bocchi今日のN響のシベリウス『交響曲第7番』、実演で聴いてみてやっと魅力が分かった!死んだ同級生が川の向こう岸からじっとこっちを見つめて立っているようなこの世ならぬ雰囲気がした。こういうのはホールの響きを体感して始めて分かるんだな。2021/06/06 21:17 ...

ヴァイオリニスト、川畠成道さんが2002年から始めたコンサートシリーズのグランドファミリーコンサートも2021年で20回を迎えました。毎回、親しみやすい曲目を並べて子ども連れでも楽しめるであろう雰囲気づくりを心がけている良心的なコンサートであり、これから30回、40回 ...

毎年冬、というかクリスマスが近づくと日本全国で『第九』と『くるみ割り人形』が盛んに演奏されます。『くるみ割り人形』はたしかにクリスマスという設定なのでそれも当然ですよね。CD店で手に入るバレエの曲といえば「抜粋版」と「全曲版」というものがあり、前者はハイラ ...

2021年5月23日、サントリーホールで行われた日本フィルハーモニー交響楽団第392回名曲コンサート。このプログラムにとりあげられたブラームスの『ヴァイオリン協奏曲』のソリストが神尾真由子さん。彼女の演奏するブラームスを聴くのは初めてでしたが、これがなんとも墨痕鮮 ...

ハイドンの交響曲はめっきり廃れてしまったのでしょうか。演奏会のプログラムでほとんど見かけなくなりました。いえ、その兆しは20年以上まえからありました。音楽評論家・宇野功芳さんの1990年代の著作にも「ハイドン凋落が著しい」と書かれており、21世紀になってからはそ ...

↑このページのトップヘ