受かるときには受かる、落ちるときには落ちる(当たり前)のが入試です。公募制推薦入試もその例外ではありません。
出願にあたってはかなり面倒な準備が必要になります。

まず、出願書類の準備。そのなかには調査書や高等学校の推薦書が求められがちです。
調査書とは、この生徒の3年間の学びの履歴が記載されており、各教科の評価や全体平均、欠席日数や「2年生ではバドミントン部の副部長を務め、県大会でベスト8に進出した」のようなことが書かれている書類です。これを読むとどんな生徒なのか大体想像がつくようになっています(大体は良いことしか書かれていませんが)。

推薦書はその名のとおり「これこれしかじかの理由により、私(たいてい校長)は〇〇さんを御校の学生にふさわしいと確信し推薦します」と書かれています。

さらには事前課題として小論文などが課されていたりします。推薦入試は11月ごろに実施されることが多いのでその前に説得力ある小論文を作成できるように、課題に即した事前リサーチは必須でしょう。でも学校の勉強、それに受験勉強に加えてそんなことをする羽目になるのってけっこう地獄です。

しかも「英語の能力を証明する書類」を出さなければならないこともあります。英検とかTOEICとかTOEFLとかIELTSとかですね。高校生の場合まあ英検2級が大体の相場ですね。

・・・と、書類準備だけでかなり手間ひまがかかりますね。

それで1次審査(書類審査)、そして2次審査(面接および筆記試験など)。

結果は・・・。










不合格!!








公募制推薦入試に落ちたらどうなるのか?

推薦入試の一種とはいえ、公募制推薦は落ちる時には本当に落ちます。
指定校推薦ならほぼ確実に合格できるのに、なんだか不平等な・・・? いえ、「公募制」なので誰でもチャレンジできる反面、全員の希望が通るわけではありませんからある意味その結果は「正しい」のです。

一般選抜のようにペーパーテスト一発勝負ではなく、小論文や面接、調査書など多面的にその志願者を評価し、「うちの大学との相性度はどうだろう」という観点から合否を決定しているので、「これが悪かったから落ちた」などのように要因分析がやりづらいのもまた事実です。落ちた理由を尋ねても「回答しません」「得点が足りなかった」のような答えが帰ってくるのが関の山でしょう。

言い換えると、あなたは「勝率が高い賭けに出たが、負けてしまった」のです。ただし、結果が発表されるのは11月下旬から12月ごろという大学が多いでしょうから、まだ大学入学共通テスト、私立大学入試、国公立大学入試と入学試験はまだまだ続きます。むしろ冬になってからの追い込みが山場です。

肝心の公募制推薦入試に落ちたらどうなるのか? ですが、ミスしたことを引きずるとやる気が湧いてきませんし、過去をくつがえすことは不可能なのでさっさと気分を切り替えて一般選抜のほうに集中するしかありません。というか推薦入試のシーズンが終わるともう一般選抜しか残されていませんから、これ以外に現実的な打ち手はないと言えるでしょう。

なぜ自分がこんな目に? と思うかもしれませんが、受験に限らず「うまくいく人」もいれば「失敗した人」もいるのが世の常です。これはこの後あなたの人生で待ち構えている就職活動だったり恋愛だったり仕事だったり健康問題だったり家族間のトラブルだったりと、どこかで「まさか」が待ち構えているものです。今回はたまたまそれが公募制推薦入試で起こってしまったのです。

ま、受験なんてそんなもの、うまくいかないときもあるので次は捲土重来を期して頑張ってくださいね。