昔、横浜に住んでいたとき、二俣川にある神奈川県警察運転免許センターで免許を更新しました。

すると雨の日だというのにものすごい人、人、人・・・。げんなりです。

「これでもまだ少ないほうです」と係員。晴れの日の日曜はもっとすごいのかと、もう一度げんなりした思い出があります。

その後多摩方面に引っ越した私は2022年3月24日(木)、立川警察署で運転免許を更新しました。
「平日の昼に行くと、どれくらい混んでいるのか?」と気にしている方もいらっしゃるはずですので、自分の事例を書き残しておきます。


立川警察署での免許更新。そんなに混雑していなかった

警視庁HP「運転免許更新会場の混雑状況」には「各更新会場の混雑状況(前週の状況)」をまとめた資料が公表されているので、これを見るのが一番信頼性が高いでしょう。このブログ記事はあくまでも「サンプル数=1」ですので・・・。

それはさておき、私の場合は・・・。

12:55ごろ、立川警察署着。更新受付の建物の前に白いテントが設置され、10脚 x 3列ほどのパイプ椅子が並んでいました。ここに順番に並んで着席。私が着た時、だいたい27番目くらい。

「まず(パイプ椅子の)最前列の人、中へ入ってください。2列めの人は最前列へ移動してください」と係員の案内に従い、私が建物のなかへ入ったのは13時ちょっと。

その後更新手数料を支払い、視力検査。その後に写真撮影。ここまでで13:20ぐらいでした。

13:30からは安全講習ビデオを視聴します。退屈な内容のビデオ・・・、と思いきや突如私の目の前にカメムシが飛んできて壁にへばりつきました。「こっちに来ないでくれ!」と念じていると映像はまったく頭に入ってきませんでした。

14:00には新しい免許を受け取って終了。

というわけで1時間程度。さすがに平日の昼、サラリーマンのような人はほとんどいません。

ちなみに、安全講習ビデオを見る部屋というのがなんとも微妙な・・・。
狭い部屋に椅子をズラッと並べているのですが、コロナ対策のせいで「すべての」椅子の間にアクリル板を敷き詰めています。けっこう異様な光景なので一見の価値ありです。撮影は禁止ですが・・・。

仕方ないので文章で表現すると、

椅子|椅子|椅子|椅子|椅子|

椅子|椅子|椅子|椅子|椅子|

椅子|椅子|椅子|椅子|椅子|

椅子|椅子|椅子|椅子|椅子|

椅子|椅子|椅子|椅子|椅子|

こんな感じになります。しかし狭い部屋だけに、空いている席に着席しようとするとほぼ確実にアクリル板に激突します。体の大きい人は必ず苦労します。

ちなみに警察署に行くと「謎の理由で怒鳴り散らすおじさん」に遭遇しがちですが、私のときもいました。「ビデオなんかどうだっていいんだ!! 早く免許よこせ!!」と叫んでいましたがどこかへ連れて行かれました。ビデオ上映が予定より5分遅れたのはきっとこいつのせいでしょう。

ともあれ警察署到着~終了まで1時間でした。思っていたより待たされずにラッキーでした。いや立川警察署の周りには喫茶店などないので、待たされたらショックです。万が一そういうことになってしまったときのために文庫本でも持っていくのがよいでしょう。

雨の日に長時間待たされることになったら・・・。不運としか言いようがありませんね。