普段は松屋、吉野家でOKという男子でも、さすがにデートでそれはヤバいでしょう。こういう店は男一人で訪れるものであり(客層も男がほとんど)、女性同伴で牛丼屋へ入ったらもはやセンスいや人格すら疑われるレベルです。

普通そんなことをする男子はいません。パンケーキを出すお店とか、おしゃれな喫茶店とかに連れて行くのがまあごく自然な姿でしょう。

スマートに着席したとき、きっとあなたは「【朗報】おしゃれワイ女さんに大勝利www」みたいなことを考えているはずです。しかしそこからがスタートなのです。

もしケーキを出されたら、美しい食べ方で口に運ぶことができるでしょうか? 普段牛丼とかラーメンとか、いかにも男子が好きそうなものを食べていると、こういうスイーツを唐突に出されても案外きれいに食べすすめることができないもの。

一体どうすれば。さっきまで【朗報】だったのに、このままでは「【悲報】ワイ、ケーキでやらかす」に陥ってしまいます。これはマズい。


ケーキのきれいな食べ方

ここでは、三角形のショートケーキを念頭に食べ方を説明します。
本来であればおいしければ十分で、食べ方にルールも何もないのですが、喫茶店という場所でガツガツ食べていると周りから「なんだあいつは」と思われてしまうこと間違いなし。女性は肩身の狭い思いをすることでしょう。逆にきれいに食べすすめられれば好感度UPでしょうね。

三角形のケーキは普通、とがった部分から食べ始めます。いきなりイチゴやミントを食べてしまうのはもろに子供だとバレるのでやめておきましょう。一口ずつフォークで切り取って食べ進め、その部分に到達してから食べるものです。

縦にゆっくりフォークを差し入れると、割と簡単に切れるものです。だんだん幅が広くなってきたら、フォークを横に入れ、それから縦に入れて切ります。
食べ終わったら、アルミ箔などを広げたままにすると・・・、これももろに子供だとバレます。お皿の上に小さくまとめておくときれいです。

・・・と書くと数行で終わってしまうほど簡単なものですが、ぶっつけ本番でやってみるとたいていうまく行かなかったり、キョドキョドしたりするものなので自信がなければ事前にコンビニでケーキを買ってきて練習してみましょう。

「なんでケーキの食べ方までつべこべ言われなきゃいけないんだ」と思うかも知れません。しかし女性は男性のそういう日常生活の所作をけっこう見ていたりするもの。
こういうマナーは、他人を評価したり見下したりするためにあるわけではなく、きれいな動作や社会的に認められている振る舞いをすることで人を不愉快にさせず、むしろ気分を高めてくれるものなのです。

この記事を書いている私は、ブログタイトルのとおり友だちがいません。もう完全に陰キャです。それでもどういうわけか女性を連れてレストランに入ったり喫茶店に入ったりということも謎にしばしばあります。

自分でさえそうなのですから、もっと普通の人ならなおさらそうでしょう。この記事はそういう人が突如として喫茶店で【朗報】から【悲報】に突き落とされないことを願って作成しました。

ケーキ以外でもパスタとか魚料理をきれいに食べるのも案外難しいもの。テーブルマナーの本も1冊くらいは持っておきたいですね。