陰キャと話したくないと思っている人。

そういう人が世の中にいるらしいのです。

Yahoo知恵袋によると、

陰キャラな子とは関わりたくない、
という私は最悪でしょうか・・・?

という書き込みがあり、これに対する返事のひとつが、

皆だと思いますよ。
私は中1のころ陰キャラ陽キャラ関係なく話していたら
いつの間にか私の周りには陽キャラがいなくなっていました。
その時は親友が救ってくれてなんとか陰キャラにならずに済んだんだけど
今思えばなんで陰キャラと話したんだろうって思いますね。

親は陰キャラ陽キャラ関係なく話せって言うけれど
やっぱり陰キャラと話さないのって自分のためだと思うんですよ。
質問者さんは最悪じゃないと思いますよ。

中2女子
というもの。この中2女子は陰キャの人格をまったく認めていないようです。

果たして、陰キャと話さないのは本当に自分のためになるのでしょうか? じつは「自分のためになる」という考えをもつこと、しかもそれを公言してしまうことが、自らの底の浅さを露呈しているように思えてならないのです。


根暗な人って話すと面白い

VTuber、富士葵はご存知でしょうか。
クリアなヴォーカルが魅力であり、オリジナル楽曲のほか、人気J-POPのカバー動画を数々公表しています。




彼女は2021年9月にファンブックを刊行。この本にはクリエイター数名との対談も収録されており、、とくにナユタン星人との対談は注目に値します。
葵:(前略)あとは葵の場合、猛烈に根暗なのもネタに頼りがちになる原因かも。そもそもおしゃべりが苦手なんですよ。だから「好きなようにやっていいよ!」って言われたら一言もしゃべらない配信になっちゃう(笑)。(中略)

星:ガチの根暗な感じ伝わってきますね。でも本当に根暗な人って話すと絶対面白いんですよ。普段家でひとりごととか言いません?

葵:言いますけど、誰かいるととたんにしゃべらなくなりますね・・・。

星:そのひとりごとも周りからすると実は面白いんですよ。内向的な人って周りに合わせるのが苦手だったりするじゃないですか。それは裏を返すと自分の好きなことの世界を持ってるんで、それをうまく引き出せれば面白いと思います。
ナユタン星人の「内向的な人って周りに合わせるのが苦手だったりするじゃないですか。それは裏を返すと自分の好きなことの世界を持ってる」という指摘も的を射ていますし、表現者たらんと目指すならば、必然的にそうならざるを得ないものです。

え、VTuberだとあまり説得力がない? ではこの言葉はどうでしょうか。
生まれて以来,人は自分と周囲との間に,一つ一つ橋をかけ,人とも,物ともつながりを深め,それを自分の世界として生きています。この橋がかからなかったり,かけても橋としての機能を果たさなかったり,時として橋をかける意志を失った時,人は孤立し,平和を失います。この橋は外に向かうだけでなく,内にも向かい,自分と自分自身との間にも絶えずかけ続けられ,本当の自分を発見し,自己の確立をうながしていくように思います。
これは、皇后(当時)美智子さまが1998年に開催された第26回国際児童図書評議会(IBBY)ニューデリー大会に寄せたビデオメッセージからの引用です。

すなわち、自分の好きな世界を持つ人、心が内面に向いている人は自分の中に様々に橋をかける人であり、とりもなおさず「本当の自分を発見し,自己の確立」を尊ぶパーソナリティである可能性が高いのです。

陰キャと話したくないと思っている人というのは、そういう「橋」を心の中にもつことの大切さへの想像力が乏しい人であり、一見陽気なように見えて中身がスッカラカンであるのかもしれません。

陰キャと話したくない、その言葉は、それを口にした人がどういう人間なのかわかってしまう、リトマス試験紙のような役割を果たしているのではないか・・・。そう思えてなりません。