ルドルフ・ヘスの『アウシュヴィッツ収容所』は、「このすべてを、私は、すすんで誰にも強いられもせう書いた」という手記であり、自分の生い立ちからナチス入党、アウシュヴィッツ強制収容所の所長にってからの自分が職務にはげむ様子を伝えています。

ヘスは自らをいわば教養ある人物と見ていたようで、だからこそホロコーストに加担したことにある意味首をかしげざるをえません。
逆に彼のような人物であっても社会情勢いかんによっては誰もが自発的にヘスになる可能性があるということです。

彼の手記を読めば読むほど、彼は常識を持っていた人物だということが伝わってきます。

ヘスの人間観察。意外と鋭い

ヘスは第一次世界大戦ののち、義勇軍に加入し、その後逮捕され収監された時代があります。
そのときの体験を読むと意外と(?)人間というものを鋭く観察していることが分かります。

監獄ではなにか自分が生きているしるしを得ようとして男色に走ってしまうという説明は、人がなぜドラッグなどの誘惑に負けてしまうのかということへの一つの答えにもなるでしょう。

また、囚人たちが男も女も互いに自分たちの心の苦しみを訴え、慰めあうのは、「孤独の苦しさから生れるのだろうか。それとも話をしたいという、人間の普遍的欲求から発するのだろうか」と疑問を投げかけるのは、作家・遠藤周作の「人は常に同伴者を求めるものである」という説と符号します。

ここまで人を観察することができ、なおかつ整った文章として書き残すことができるのは、ヘスがまさに教養ある人物であったことの証拠です。

そのヘスはのちにユダヤ人をガス室で殺害することをためらいもなく淡々と実行する一方で、ナチ親衛隊に加入してからの体験でこのようなことを書いています。

部隊の中には、鞭打刑を結構な見世物、一種のお祭と心えているようなSS隊員も沢山いた。私は絶対に、その仲間には加わらなかった。
短い言葉のなかに、残虐行為に対する嫌悪感、SS隊員への距離感が込められています。

裏切者を処刑することになったときの描写も、彼は本当にホロコーストに加担したのか、と疑ってしまうようなもの。
内心の動揺のあまり、私は、こめかみにピストルをあてて、とどめの一撃をすることがほとんどできかねるほどだった。しかし、ともかくも、何とか気をとりなおしたので、立会い者たちには何もきづかれないですんだ。(中略)この銃殺のことは、たえず要求される自己克服と不屈の過酷さということに関連して、いつまでもわすれられないでいる。
これは、すでにして、もはや人間的ではない、と当時、私は信じた。
どうしょうか。これが数年後、アウシュヴィッツ強制収容所長となり、ユダヤ人殺戮を主導した人物の述懐です。

つまりは昼は平然と心の痛みを感じず殺戮の命令書にサインし、夜になればモーツァルトのレコードに耳をすましてささやかな幸せを味わうという人物像が浮かび上がってくるのです。

ただ熱心にナチスの職務にはげみ、ユダヤ人を沢山殺害しようとするその「真面目さ」が人道に対する罪につながっていったのでした。職務やシステムを「それが仕事だから」と受け入れてしまうことをハンナ・アーレントは「凡庸な悪」と名付けました。ホロコーストを成立させていたのは、じつは普通の人々の「これが普通だよね」「こういう仕組みだもんね」と受け入れてしまう人々の受動的意識だったのです。

その真面目というのは日本人なら誰もが持っているもの。
次のヘスが日本人から生まれないと、どうして言えるでしょう・・・?