私は3月生まれです。陰キャです。

実感として、3月生まれという事実が陰キャな性格の原因だと思っています。

幼稚園や小学校のころでは特にそうですが4月や5月生まれの人は発育が半年以上格差があるので、スポーツでは絶対にかないません。というか確実に負けます。

で、小学校低学年なんてクラスのリーダーになるのは大抵スポーツのできるやつ、喧嘩の強いやつと相場が決まっています。逆に2月や3月に生まれた人はもうカースト外というか、モブキャラ確定です。ちなみに自分は小学校から社会人になるまであだ名らしきあだ名はついたことがありません。それだけ存在感が重要視されてないってことですね。

小学1年でできた人間関係や力関係は小学校を卒業するまでの6年間続きます。ということは中学校も続くということですよね。

9年間モブキャラだったら、そりゃ陰キャにもなりますよ・・・。

inkya


4~6月生まれはスポーツに有利で陽キャになりがち

3月生まれが陰キャになるなら、逆に4~6月生まれは何かと有利なので陽キャになりがちです。
さらに言うとプロスポーツ選手になるのは4~6月生まれが圧倒的に多いという統計的事実もあります。

「早生まれは損」とされてきた根拠の一つが、プロスポーツ界にある厳然とした事実。プロ野球やJリーグ選手には、4~6月生まれが圧倒的に多い。

 今回、研究成果を米科学誌に発表した奈良女子大(奈良市)の中田大貴准教授(スポーツ科学)によると、4~6月生まれのJリーグ選手は全体の34・7%で、プロ野球選手も32・8%。一方、1~3月の「早生まれ」選手はJリーグで14・6%、プロ野球も14・2%にとどまっている。

 今年、小学校に入学できたのは2010年4月2日~11年4月1日に生まれた子供。考えてみれば、成長期間には最大12カ月間ものばらつきがある。その集団が「同学年」として運動の練習や試合を繰り返せば、相対的に成長の遅い「早生まれ」は不利であろうことは、想像に難くない。

中田准教授も「一流スポーツ選手たちは幼少の頃から突出した運動パフォーマンスを見せ、レギュラーに選ばれて活躍する機会が多かったため、様々な練習や試合経験を積むことができる。その経験は自信にもつながり、さらに技術も上達するのだろう」と分析。集団内で優位に立つことで、さらなる能力向上につながっているとみる。

「「早生まれ」やはり不利!運動能力「遅生まれ」が優れている、野球・サッカーも…奈良女子大が科学で裏付け」より

https://www.sankei.com/west/news/170814/wst1708140005-n1.html

「一流スポーツ選手たちは~」のくだりは、「マタイ効果」によるものですね。
マタイ効果とは、条件的に有利な人はますますチャンスをゲットして成功していき、そうではない人との差がどんどん開いて行くことをいいます。1968年に社会学者ロバート・キング・マートンによって提唱された理論です。
新約聖書の「マタイ伝」のイエスの言葉「おおよそ、持っている人は与えられて、いよいよ豊かになるが、持っていない人は、持っているものまでも取り上げられるであろう」にちなんでこの名前がつけられました。

だから4~6月生まれの陽キャはたくさんチャンスが与えられてますます陽キャになりクラスのリーダーになり、陰キャとの格差が縮まることはないのです・・・。

1~3月生まれは陰キャ。でも向いてる職業とは

上記記事の引用を読み進めると、こういうことも書かれています。
また、早生まれは意外な場所でも才能を発揮している。それは、小説家。中田准教授の調査では、芥川賞・直木賞受賞者327人のうち1~3月生まれは37%(121人)で4~6月の19・9%(65人)、7~9月の19%(62人)を大きく上回る。

小説家って、ずっとデスクワークですから、子供のころから机に向かうことが苦痛じゃないひとがなれる職業ですよね。つまり陰キャ・・・。

なんだ、やっぱり3月生まれって陰キャだったんだ!!