何年も使っていたSHURE製のノイズキャンセリングイヤホン、SE215もとうとう寿命が来てしまいました。

イヤホンの宿命ですが、何度も使っているうちに少しずつケーブルにダメージが蓄積していき、やがては断線してしまうのです。それで右耳からは音が聴こえなくなりました。それに、ビニールカバーからワイヤーがはみ出ていたので、明らかに使いすぎです。

で、買い換えようとおもったのですが、アマゾンで「SE215」と検索しているとなにやらケーブル単品で販売されていることに気づきました。

SHUREから発売されているわけではないのですが、どうやら互換性があるケーブルを、SHUREとは縁もゆかりもないメーカーがリリースしているのです。

たしかに。
SHUREのSE215はイヤホンの部分をケーブルから取り外すことができます。
で、別のケーブルにつなぎ替えることを「リケーブル」と言うようです(知らなかった)。

ビックカメラのホームページによると、リケーブルとは
音質の改善をするためにイヤホンに最初から付いているケーブルを取り替えて別のケーブルに変更することを言います。
(中略)ハウジング部とケーブルの付け根をつまんで引っ張ると簡単にはずせます! ケーブル部分を交換することによって同じイヤホンでの音質の変化を楽しめます。

ということは、1万2千円払ってSE215を完全に買い替える必要はないですね。
今回壊れたのはあくまでもケーブルであってイヤホンではありませんから。

というわけで私はアマゾンで「G&V Shure掛け向け MMCX ケーブル 低音域アップ SE215 SE425 SE535 対応 1.2m ワイヤーなし SE-NIELLO-S」というものを買ってみました。
私がポチったときの値段は2,080円。万が一つなぎ替えられなくても対して懐が痛むわけではありませんので、気楽に注文できました。中国製の商品というのがちょっと気になりましたが、まあ今どきテレビもエアコンも時計も・・・工業製品なら中国製が当たり前ですよね。

SE215をリケーブルしたが、問題なかった

SE215からイヤホンとケーブルを分離し、つなぎ替えてみました。


KIMG0407

ケーブル側にもLとRがあるのでそこは注意しましょう。
気をつけるべき点はそれだけです。あっという間にリケーブル終了。

で、実際に使ってみたのですが音質的にはとくに違和感がありません。

もしリケーブルというものを知らなかったら、それだけで1万2千円払ってもう一度SE215を買い直していたことを考えると、1万円も節約できたことになります。知らないって恐ろしい・・・。

アマゾンのレビューにも書かれていますが、私が買ったこのケーブルは細いので断線リスクはつきまといます。
しかし差額で1万円節約できているわけですから、計算上は5回断線して買い直すのと、SE215を買い直すのは金銭的にほぼイコールになります。

ということはもし年に1回断線してケーブルを買い換えるとしたら、5年の延命に成功したことになります。
繰り返しますが、知ってるのと知らないのとでは大違い。知らないって恐ろしい・・・。