メンタリストDaiGoさんの『超集中力』から学んだことはまだあります。

当たり前の話しながら時間とは限りある資源です。
1日だれも24時間しかありません。
無意味なことに費やしていた時間をカットしてそれをどう有意義なことに振り向けていくか。
人生のなかで「何が達成できるか」を意識すると誰もがこのことを気にするようになるはずです。

逆に「これくらいの時間でなんとかなるはずだ」と思っていたらアテが外れて予想以上に時間がかかり、残業するはめになってしまったりというのはよくあることです。

DaiGoさんは「なぜ見込み時間をいつもオーバーしてしまうのか」という問題提起をしています。
ばかりかその問題を解決する方法まで提案してくれています。
それは・・・。

mensetsu


思っていた以上に時間がかかる理由とは

DaiGoさんはパーキンソンの法則をひもといて説明しています。
私の過去記事定時で仕事を終わらせるための考え方とは。暇つぶしが一番忙しい?でもこの法則について書いたことがあります。
パーキンソンの法則という本をご存知でしょうか。
これは、歴史学者パーキンソンが見つけた法則です。

彼が英国の官僚制を幅広く観察した結果に基づく理論で、20世紀初頭、大英帝国は植民地に自治を認めたり、独立させたりなどによって領土は縮小していたにもかかわらず、殖民地省の職員数は増加していました。

このことからパーキンソンは、
役人はライバルではなく部下が増えることを望む
役人は相互に仕事を作りあう
この2つを発見しました。

(中略)
サラリーマンの仕事に即して噛み砕いて言うならば、
・3時間でやらなくてはという仕事は3時間でなんとか済ませられる
・まる1日使っていいよと言われると、ほんとにまる1日費やしてしまう
ということになります。

実際問題、繁忙期と閑散期では1つの仕事を仕上げるスピードが違っていたりしませんか。
1枚の書類を作るのに繁忙期では15分でできるのに、閑散期になると変なことを気にして30分かけてしまったり・・・。

仕事を手際よく終わらせる(あるいは、終わらせない)ためにはこの観点が役立つでしょう。
・本質的にはどうでもいいことにこだわりすぎてないか
・時間が無限にあると錯覚していないか
このことを念頭に置きながら仕事をすれば効率も変わってくるのではないでしょうか。
大英帝国が縮小しているのに公務員の数だけ増えたってお話は、「売上が減っているのに監査や内部統制対策で書類業務ばかりが増える落ち目の大企業」みたいですね・・・。

DaiGoさんも、人は時間がたっぷりあると思うと、仕事に対していろんな選択肢を考えてあれこれ試そうとしてしまった挙げ句、結果的に迷いが生じてウィルパワーを失うと指摘しています。

ではどうすればいいのか。
それは、15分なり30分なり、仕事の時間を短く区切ることが大切だとか。
制限をかけることで、かえって集中力がアップするとDaiGoさんは指摘します。

「定時で帰るぞ」。そう意識すると、そこまでに最低限終わらせるべき仕事と作業量が明確になり、ウィルパワーの浪費が減って集中力が高まる・・・。そういうカラクリです。

これは自分の経験から言っても本当だと思います。
時間がたくさんあると、余計なことを考えたり、ぼんやりしたり。それでなぜか意味もなく疲れてしまったり。
「時間がない」「もう後がない」、そういう意識で仕事をすると一気に業務が片付いたことがかなりあります。

他の人の著作でも「休暇は業務予定よりも先に入れろ」という話を読んだことがあります。
理由はDaiGoさんと同じで、休暇を意識して仕事をすることで必ず間に合わせようというマインドになるからだそうです。

いやはや、DaiGoさんの本は学びが多いです!