友だちいない研究所

ぼっち(友だちいない)の生き方・暮らし方を研究します。自分なりのぼっち体験から得たこと、分かったことをお話しします。友だちいない社会人X年目。

ここ数年で、美術館で開催される展覧会のチケットは紙ではなく電子だというのが普及してきました。事前にクレジットカード決済しておいて、入場するときにスマホの画面を提示するというやつです。察するに、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止を理由に一気に広まったも ...

ヘミングウェイの代表作といえば『老人と海』を挙げる人は多いでしょう。長期にわたる不漁のあと、老人は巨大なカジキマグロを仕留めます。ところがその帰り道に鮫が襲かかり、港町にたどり着くころには無惨にもカジキマグロは骨だけになっていた、だが老人は屈することなく ...

3年ぶり3度目の金融犯罪の被害にあった。NZのウェブサイトで日本円にして16万円ほどのクレカ不正利用だった。損失は補填されるので私の損害は0円だがクレカの差し替えがめんどくさい。でふ。、— ぼっち (@3_bocchi) April 23, 2024 三菱UFJニコスカードから差し替えに関す ...

ラフマニノフの傑作のひとつが「パガニーニの主題による狂詩曲」。その第18変奏はとくに有名です。パガニーニの「カプリース」の第24番のメロディをどういじくり回したらこういうメロディになるのかよくわかりませんが、とにかくパガニーニが考案したメロディなのにいつのま ...

展覧会「北欧の神秘―ノルウェー・スウェーデン・フィンランドの絵画」は、SOMPO美術館で2024年3月23日(土)から6月9日(日)まで開催されています。この展覧会では、ノルウェー、スウェーデン、フィンランドといった北欧地域の絵画作品を紹介しています。展覧会のテーマは ...

歴史上、神童と呼ばれる人物がまれに出現します。モーツァルトがよい例でしょう。父レオポルドは息子の才能に気づき、ヨーロッパ中を連れ回して見聞を広め(息子の売り込みにも精を出し)、英才教育を施します。その結果、彼はイタリアやフランス、イギリスの様式を学び、そ ...

1日というのは24時間しかなく、そのなかから睡眠時間とか食事とか風呂とかトイレとか通勤とか仕事をする時間を除いていくと、自分がやりたいことに使える時間というのはじつはあまりないことに気づきます。たいていの人は社会人になって「1日ってこんなに短いんだ」と実感す ...

ネットで鉄道の切符が予約できるようになる前は、いちいちみどりの窓口に出かけて行かなければなりませんでした。ところがこのみどりの窓口というのが曲者で、対面販売であるため、前のお客さんがごちゃごちゃ言う奴だととたんに行列が進まなくなります。「本日14時以降で、 ...

ポムポムプリン「プリンとマフィンのポムポムビート☆」(Full Ver.)がYouTubeで公開されています!サンリオ公式サイトによると、4月16日のプリンお誕生日を記念して、スペシャルな企画をご用意したよ!プリンとマフィンのキュートなデュエット曲の公開や、プリンのお顔がプ ...

東京から山梨、長野方面へ移動するとなると、何かと特急あずさのお世話になりがちです。全席指定になったりWi-Fiが整備されたりとちょっとずつ変わりつつあるようです。さて、Wi-Fiといってもインターネットの回線はベストエフォート型サービスというのが普通の姿。高速道路 ...

私は過去の記事において、文字を文字通り読んでしまうことのアホらしさについて書いてみたことがあります。この記事のタイトルにある『きけ わだつみのこえ』とはかけ離れた、マッチングアプリについての記事でそのことに触れました。たとえば「尊敬できる男性が好きです」と ...

ブログはオワコンだとは2019年ごろから言われていました。たしか、ブログというものが流行したのは2010年代前半でした。その後TwitterやFacebookといったSNSが流行するようになると、人気はすっかりそっちに流れてしまいました。ブログは文章を書き連ねなければならないとい ...

↑このページのトップヘ