友だちいない研究所

ぼっち(友だちいない)の生き方・暮らし方を研究します。自分なりのぼっち体験から得たこと、分かったことをお話しします。友だちいない社会人X年目。

世に言うホワイトカラー職に就いていると、パソコンを使った事務処理をすることになります。例えば前年度と比較して今年度の来場者はどれくらいの割合で増えた・減ったのかをまとめた資料を作りなさいとか決算書を作りなさいとか給与を計算しなさいとか新型製作機械を導入し ...

ヴァイオリンを弾くときに大抵の人が使っているアイテムである「肩当て」。いやはや、20年前は3~5千円あれば買えたような気がする(うろ覚え)のですが、最近は四捨五入すると1万円くらい出さないと買えなくなっている気がします(個人の感想です)。私は7年くらいViva La M ...

インターネット掲示板の管理人として有名になったひろゆき氏は様々な著作を発表しています。たまたま手に取った「無敵の思考」もその一つ。一読してみると、「こりゃ確かにお金が貯まるわ」と思いました。実は私自身も長年ドルコスト平均法という投資法で投資信託をずっと積 ...

ブラームスの代表作といってもいいでしょう。『交響曲第1番』は世の中に数多くある交響曲のなかでも屈指の名曲とされており、ベートーヴェンの『交響曲第5番』とかモーツァルトの『交響曲第41番』、チャイコフスキーの『交響曲第6番』などと並んでオーケストラの演奏会で頻繁 ...

このところハイドンの交響曲の人気の落ち込み方はずいぶん激しい。昔はパパ・ハイドンといわれ、少なくとも「驚愕」「軍隊」「時計」などはモーツァルトに匹敵するポピュラリティを誇っていたのだが、最近はコンサートの演奏回数も急激に減ってしまった。お客が入らないから ...

Cuvie先生のバレエ漫画『絢爛たるグランドセーヌ』の24巻ではレベッカとマットの恋が描かれています。ところがロイヤル・バレエ・スクールでは恋愛は禁止という規則があるらしく、これが障壁となって二人は「意識しあっている」地点から先へ進むことができません。本当にこの ...

まず初めに言っておきます。私はラブライブ! のファンです。「ラブライブ! サンシャイン!!」がシリーズの中で一番好きです。推しは黒澤ダイヤです。私のことはさておき、「ラブライブ! サンシャイン!!」の聖地の一つであるあわしまマリンパークが閉園の運びとなりまし ...

AIはとても便利なもの。この前も職場でパワーポイントのスライドの読み上げ原稿を作りなさいという仕事があり、面倒だったのでAIに「読み上げ原稿を作って欲しい」といって渡したら20秒くらいでほぼ手直し不要な文章が出来上がりました。人間である私が同じ作業をしていたら ...

2024年1月27日から開催されている「印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵」、私は初日の午後に足を運びました。公式サイトには次のように紹介されています。 第1回印象派展から150周年を迎える2024年、印象派がヨーロッパやアメリカへもたらした衝撃と影 ...

劇団やアマチュアオーケストラで課されることの多いのがチケットノルマです。正直、あまりいい響きがしません。ノルマ。1枚たとえば3,000円のチケットをたとえば10枚渡されたとします。するとあなたは3万円赤字ということになります。まだ舞台に立つ前から赤字。なんだか釈然 ...

ここ数年でセルフレジの普及が進みつつあります。理由は色々考えられます。たとえば従業員がレジでの対応に費やす時間を減少させ、店舗の全体的な効率を向上させることができるという店にとってのメリット。また、従業員を必要とする場面が減るため、人件費の削減にもつなが ...

もはやとうとうここまで来たか、というほど時間にケチなワイ。ヴァイオリンを練習する人なら、この楽器の難しさにいつも腹を立てたり諦めたり泣いたり挫折したり言い訳してサボったりしていることでしょう。そうするうちに、何があってもめげない無駄な継続力が培われることに ...

↑このページのトップヘ