友だちいない研究所

ぼっち(友だちいない)の生き方・暮らし方を研究します。自分なりのぼっち体験から得たこと、分かったことをお話しします。友だちいない社会人X年目。

小説家・阿刀田高さんの『漱石を知っていますか』。新潮文庫からは『ギリシア神話を知っていますか』や『源氏物語を知っていますか』といった「知っていますか」シリーズが刊行されており、『漱石を知っていますか』はこの続編といってもよいでしょう。夏目漱石といえば日本 ...

以前のブログ記事で、クレーマーが嫌がらせのようなメールを送ってきた話をしました。こういうのって、まともに対応すればするほどメンタルをそっちに持っていかれるので、真面目な人ほど逆に精神的にやられてしまいがちです。私はときおり、ローマ皇帝だったマルクス・アウ ...

私の職場にクレーマーからのメールが届きました。クレーマーといっても、外部の人ではなく、内部のスタッフです。前々からコミュニケーションに問題があるということは気づいていました。その人が精神的な病気を理由に休職しているのですが、休職期間中に支給した給与の一部 ...

毎年、年末になるとその年の振り返りのような記録を残しています。たまたま3年前に書き留めた自分の「2017年の振り返り」を読み返してみると、渡辺麻友さんの卒業コンサートに参加した時のことが書かれていました。大半は私がこれまでのブログ記事で書いてきたことの繰り返し ...

ヴァイオリニストなら避けては通れない曲であり、そして最後に到達すべき曲であり、そして何度でも戻ってこなければならない、バッハの『無伴奏ヴァイオリンソナタとパルティータ』。とくにパルティータ第2番の「シャコンヌ」はヴァイオリン無伴奏曲の最高峰であり、1720年に ...

前回に引き続き、第三話「秒速5センチメートル」について考えてみたいと思います。東京、種子島を経てもう一度東京に舞い戻ってきた貴樹。彼は久しぶりに明里に再会するのか・・・、と思いきやそうではありませんでした。この記事をお読みの方はもうご存知のように二人は「桜 ...

前回に引き続き、第二話「コスモナウト」について考えてみたいと思います。コスモナウトというのは宇宙飛行士のこと。ロケットの打ち上げで有名な種子島が舞台だからこういう題名が付けられているようですね。第一話で東京に住んでいた貴樹は両親の仕事の都合でこの島に引っ ...

新海誠監督の名作映画『秒速5センチメートル』。この小説版を読書感想文に使おうと思った人もいるはず。小学校時代から就職して数年間の遠野貴樹の歩みをたどったこの作品は、同級生だった明里との距離感を描写することに焦点が当てられています。英語のタイトルも"A chain o ...

ぼっち@3_bocchiレジで前の人がQRコード決済を始めるとえらく時間がかかる・・・。見たところホットスナックとかおでんを注文するのと同じかそれ以上くらいかかる。クレカやICカードのほうが速いや。2021/01/14 21:17:00理論上はQRコード決済なら釣り銭がいらない、現金を取 ...

新宿駅直結のルミネ2。ここの7Fにはルミネtheよしもとという劇場があります。ここではほぼ毎日よしもと系の芸人さんがネタを披露し、コメディを演じ・・・、ととにかく笑える演物が見られる訳です。JR新宿駅南口すぐの「LUMINE 2」の7Fにある、吉本の常設劇場。東京のよしも ...

↑このページのトップヘ