1837年、バイエルン王国に生まれたエリザベート。ハプスブルク家の皇帝フランツ・ヨーゼフと結婚し皇妃となるものの、束縛の多い宮廷の生活に馴染めず、欧州を旅する謎めいた生活を続けたことで知られています。その人生はスイスでテロリストの凶刃に倒れたことで突如として ...