友だちいない研究所

ぼっち(友だちいない)の生き方・暮らし方を研究します。自分なりのぼっち体験から得たこと、分かったことをお話しします。友だちいない社会人X年目。

カテゴリ:音楽 > ヴァイオリンのこと

私はヴァイオリンを弾いています。それはそれでいいとして、この楽器はある程度体をひねって演奏することや、顎と肩で楽器を固定するという特殊な姿勢のため、肩や背中の筋肉がこわばりがちです。このため放置しておくとだんだん凝りが痛みに変わり・・・という事態になりか ...

以前私が書いた記事にはこのようなものがあります。荒井里桜さん、経歴は? 日本音楽コンクール・バイオリン部門で1位!NHKの番組で荒井さんのことが紹介されたときは、この記事は1日に千人近くの方にお読みいただきました。さてこの記事に「荒井里桜 使用楽器」という検索 ...

ヴァイオリンを弾く人ならいつか必ず出くわす曲であるモーツァルトの「ヴァイオリン協奏曲第3番」。大体、篠崎教本の第4巻を終わらせて次はどうなるのといったあたりで、先生から「次はコレかな」と渡されるのが一般的だと思います。(私もつい最近、この曲にようやくたどり ...

ピアノの詩人と呼ばれたショパン。彼の代表作はもちろんピアノ曲だらけ。『ピアノ協奏曲』『エチュード』『前奏曲』『バラード』などなど。いくつかチェロ曲や歌曲も残していますが、正直ほとんど知られていません。他方で、ショパンのヴァイオリン曲があるのかないのか、Goo ...

ヴァイオリンを始めた初心者がまずつまづくこと。それは弾ける、弾けない以前の問題としてチューニングができない! ・・・コレです。ヴァイオリンの弦は音の低い方(演奏者から見て左側)からG、D、A、Eの順に並んでいます。基本的にまずA線をラの音に合わせる・・・のです ...

2019年3月30日、豊洲文化センターで行われたヴァイオリニスト・佐藤久成さんの演奏会を聴きました。これは本当にすごい演奏だったので記事として書き留めておきたいと思います。佐藤久成さんの演奏。真剣勝負のプログラム有名音楽評論家・宇野功芳さんが晩年に才能を認めた佐 ...

ロックヴァイオリニスト、Ayasaさん。私自身もヴァイオリンを弾く身として、Ayasaさんの活動には注目していました。一度ライブに足を運んだこともありましたが、激しい演奏ながら演奏は的確そのもの。「ロック」であるだけに大きな身振りを交えての演奏でしたが、それでも音 ...

ヴァイオリンを弾く人にとって、弦の値段は気になるもの。私はエレキギターも弾きますが、同じ弦楽器でも、弦の値段は大違い。ヴァイオリンの最もメジャーな弦である「ドミナント」は4本セットで4,000~5,000円はします。しかしエレキギターなら4本セットで1,000円位で買えて ...

演奏活動を開始して55年という長いキャリアをもつヴァイオリニスト、前橋汀子さん。独特の歌いまわしに定評がある彼女の演奏を聴く機会がありました。その感想を書き留めておきたいと思います。私が聴いた演奏会は2019年2月16日、東京都小平市のルネこだいらでのリサイタルで ...

スコットランドの音楽はどこかしら哀愁が漂っているところが魅力です。私もよくスコットランドの音楽をヴァイオリンで演奏したCDを聴くことがあります。ついに、非常に素晴らしい演奏を見つけました!こちらです!ホームカミング~美しきスコットランドのしらべposted with カ ...

↑このページのトップヘ