友だちいない研究所

ぼっち(友だちいない)の生き方・暮らし方を研究します。自分なりのぼっち体験から得たこと、分かったことをお話しします。友だちいない社会人X年目。

カテゴリ: 音楽

私の職場のパートさんのお話。「息子(中1)がピアノの練習をしない。毎日20分練習しなければいけないというノルマにしている。その日に練習しなかったら次の日はさらに何分しなければいけないということにしている」。おげげ! それって完全に罰ゲームじゃないか!!ピア ...

2020年2月から6月にかけて、日本のオーケストラは公演が軒並み延期または中止になっています。要するに仕事ができないわけですから、お金も入ってきません。一見するとなんとなく高級そうでお金持ちの集まりに見えるオーケストラですが、懐事情はじつは極めて厳しいのです。 ...

若きモーツァルトが書いたディヴェルティメントK.136。弦楽合奏団もよく取り上げる名曲となっています。この作品を書くまえにモーツァルトはイタリアへ旅行し、アルプス以南のまばゆい風物に影響を受けたらしく、若き日のモーツァルトのはつらつとした心境が伝わってくるよう ...

寺沢大介先生の名作漫画『ミスター味っ子』。この作品に登場する日本料理界の重鎮、味皇こと村田源二郎がお話の初期に名言を吐いています。たまに人前でヴァイオリンを弾くことがある私は音楽の演奏にも通じるものがあると思いました。そこでブログ記事としてメモしておきま ...

私が渋谷のタワーレコードに行くと、なぜかいつも置いてあるCDがクレマンシック指揮のフックス『皇帝レクイエム』。ポップには「メロディがきれいで云々」といったことが書かれています。なんだこりゃ? そんなにきれいなのか? どうせ1枚1,000円のCDだし、懐が痛むわけで ...

弦楽四重奏曲というとクラシック音楽のなかでも極めて渋い印象があると思います。華やかな管弦楽曲や交響曲、協奏曲と比べると響きが地味!女の子に人気なショパンやラフマニノフは一切出てこない!ピアニストやヴァイオリニストが超絶技巧を見せるわけでもない!一体なにが ...

10年近く使っていたONKYOのCDコンポがついに寿命を迎えました。私は近所のヤマダ電機に行き、さんざん迷った挙げ句DENONのCDレシーバー、RCD-M41というモデルを買ってきました。・・・というのが2020年3月のこと。そこから1ヶ月くらい色々CDを再生してみて、感じたことを書き ...

Youtubeは便利なもので色んな動画を無料で見ることができます。広告が差し込まれるのがうっとうしいですが、広告ブロックアプリをインストールす・・・、げほげほっ!!さて私はある日自宅のオーディオ用スピーカーにタブレット端末を接続すれば、Youtubeの動画をパソコンの ...

音楽評論家、吉田秀和さんのホロヴィッツ評はきわめて有名です。掲載されたのは1983年6月17日朝日新聞夕刊(東京)。私の手元に紙面(電子縮約版)があるので一部を引用してみたいと思います。私たちはこれまで、彼についていろいろな話をきいたり、批評、評論を読んだりして ...

↑このページのトップヘ