友だちいない研究所

ぼっち(友だちいない)の生き方・暮らし方を研究します。自分なりのぼっち体験から得たこと、分かったことをお話しします。友だちいない社会人X年目。

カテゴリ: 音楽

「駄作がない」とすら言われる、音楽の父バッハ。イエス・キリストの処刑をテーマにした『マタイ受難曲』のような大曲からコーヒー・カンタータのような世俗曲、『無伴奏ヴァイオリン・ソナタとパルティータ』のような、そのジャンルの走りでありかつ空前絶後の完成度を誇る ...

ヴァイオリンを買いたい! ピアノが欲しい! ギターをかき鳴らしたい!誰でもそう思ったことはあるはず。しかし。・・・お金がない!!これも切実な悩み。みんながそう思ったことがあるはず。そんなあなたに、私も実践した「とりあえず1万円ゲット」の方法を書いておきます ...

バンドを諦める。苦い現実ですが、メジャーデビューを目指してインディーズでCDを何枚かリリースし、ライブハウスをブッキングしてライブ・・・。それでもお客さんの数よりもバンドメンバーの数のほうが多かったりして、ヤケになって打ち上げでビールを飲みまくり・・・。対 ...

ヨハン・シュトラウス2世の代表作のひとつ、「ウィーンの森の物語」。これは「美しく青きドナウ」と並んで「森派」と「川派」の対立(?)が続いている彼の2大名曲です。もう一つ、「皇帝円舞曲」の3つを押さえておけば、ヨハン・シュトラウス2世の有名どころは知っているよ ...

私は大学時代は英語英文学科というところに所属していて、イギリス文学を主に学んでいました。毎日何らかの形で英語に触れていたのでいやでも英語が身につきました。卒業後も英語の勉強を続けた結果、TOEICでは910点を取ることができました。この記事をお読みの方は、ひょっ ...

「ブザンソン国際指揮者コンクール」で、日本人女性の沖澤のどかさんが1位を獲得したというニュース。このコンクールでは小澤征爾さん、佐渡裕さんがかつてやはり1位になったことがあります。『のだめカンタービレ』でも千秋先輩が挑戦したコンクールも、きっとこれをモデル ...

作曲家、小林亜星さん。1961年のCMソング(レナウン)の「ワンサカ娘」と「イエ・イエ」で一世を風靡しました。その後も都はるみさんの「北の宿から」でレコード大賞を受賞。様々なヒット曲を世に送り出した作曲家です!その小林亜星さん、大学に進学したものの所属していた ...

ワーグナーの音楽は高い中毒性を持っていることで知られており、例えば『トリスタンとイゾルデ』の無限旋律はいつまでたっても「解決」しない(その曲の調に即した和音=主和音が鳴り響いて終わりらしい雰囲気にならない)ことで知られています。このことが音楽に大変な官能 ...

『ベルサイユのばら』の作者である池田理代子さんのことがヤフーニュースになっていました。これによると、私財を投げうってオペラの公演を支援しているとか。どこかの自動車会社の社長さんはマネーロンダリングのようなことをして私服を肥やす一方で、こういう文化事業を個 ...

2019年10月から始まり、2020年3月まで半年にわたるものすごくハードなツアーになるLove Like Rock Vol.9。チケットの一般発売も間もなく開始となります。FC会員になればチケットはほぼ確実ですが、全滅してしまった人(かなりありがち)、まだFC会員ではないけれどぜひ行って ...

↑このページのトップヘ