こんにちは! ぼくは友だちいないマンだよ!\(^o^)/ 
ぼっちだよ!\(^o^)/ 
今日はオーストラリアの動物、クアッカワラビーの笑顔について考えてみたよ!

f2abbda5
(画像:http://karapaia.com/archives/52234882.htmlより)

クアッカワラビーとは?


クアッカワラビーとはオーストラリア西部のロットネスト島に暮らす生き物。
大体50cm、4kg程の大きさです。(クオッカワラビーとも書かれるようです。)
人懐こい性格をしており、人間がカメラを向けるとこの画像のように笑顔で近寄ってきます。
警戒心があまりないんですね。愛くるしい姿で「世界一幸せな動物」とのニックネームも付いているとのこと。しかも、ピカチュウのモデルになったとか。

笑顔はやはり可愛い。好きになる。


この可愛いクアッカワラビーから学べることがありそうです。
それは、「笑顔」の大切さについてです。

私たちは嫌なことがあると暗い表情になり、いいことがあると明るい表情になります。当然ですよね。

逆もまたしかり。

たとえイマイチ気分が上がらないときでも、わざと笑顔を作ってみると、なぜか明るい気分になるものです。(本当です)

そこで、接客業では、明るい笑顔でお客さんに対応できるように、鏡に向かって「ウイスキー」と呟くテクニックが存在するようです。
こう呟くと口が上がって自然と微笑みの表情になり、なんとなく明るい気分になれるのです。
管理人も実験済みですが、不思議と明るい気持ちになれました。

「悲観主義は気分によるものであり、楽観主義は意思によるものである」。
フランスの哲学者アランはこう言っています。
人間の気分は、放っておくとなんとなくネガティブになりがちです。
「明るくなろう、ポジティブであろう」という気持ちになるのは、自分がネガティブに流れるのを踏みとどまって、あえて楽観的になれるかどうかなのです。

もし職場や学校にいるとき、友だちいないマン=ぼくのようにぼっちでなんとなく気分が上がらないことがあれば、「ウイスキー」と呟いてみてください。
少しは明るい気分になれるはずです。

笑顔は周りの人を自然と明るい気持ちにさせます。
それは、クアッカワラビーが「世界一幸せな動物」と言われていることからも明らかです。

ぜひ「ウイスキー」、お試しあれ。


クアッカワラビーについてのおすすめ: