こんにちは! このブログの管理人は友だちいないよ!\(^o^)/ 
ぼっちだよ!\(^o^)/ 
今日はコンビニのイートインスペースがすごく便利だっていうお話をするよ!

IMG_20180519_190523
(画像:近所のローソンで撮影しました)

コンビニのイートインスペースが便利。まるでぼっち優遇。

「学校ではいつもぼっち! 一緒にご飯を食べる人がいない」
「学食で一人でご飯食べてると、『あいつぼっちだ』ってのがばれるから嫌だ」
「職場の昼休み。同僚と相づちうちながらのランチはもう嫌だ」

そう思っている人はぼっち(管理人)だけではないと思います。
正直、昼休みくらい一人にさせてくれ。なんでクラスの人と(同僚と)昼休みまで一緒にいなきゃいけないんだ。そう思いませんか。

そんなあなたに、朗報です。
コンビニのイートインスペースは超便利です。

便利ポイント1 ぼっち飯前提の設計

コンビニの設計って、ふつうフロアが長方形になっていませんか。
入ってすぐのところに雑誌が置いてあって、対角線上の一番遠いところに飲み物が置いてあって、的な。
イートインスペースは、そういう長方形のフロアの一辺(大抵窓際)に机があって、腰掛けるためのイスが置いてあります。つまり食事をしたり、コーヒーを飲んで休憩できるわけです。

いいですか、一辺に机がある・・・、つまり! 複数人で食事をしようとしても対面で座ることができないレイアウトです! 
言い換えれば! 一人で食事をしていてもまったく不自然ではないレイアウトなのです! 
というかぼっち飯前提の設計と言わんばかりのビジュアル!

これなら一人でご飯を食べていてもそれが当たり前のように風景に溶け込めるんですね!

ぼっち(管理人)は職場の食堂で食事をしたくないときは、わざと近所の(しかし同僚があまり来ない)コンビニのイートインスペースに来ています。同僚が絶対に話しかけて来ないのはすごく嬉しいです。


便利ポイント2 スマホ使用前提の設計

冒頭の画像をもう一度見てください! アレがありますね!
アレ・・・。そう、スマホユーザーが必ず探すアレ! コンセントですよ!!

しかも! コンビニのWi-Fiは無料で使うことができます。
つまり、データ使用量を気にしなくていいんですね!

大手コンビニ3社のWi-Fiの使い方ガイドへのリンクをご紹介しますね。
セブン-イレブン・・・こちら
ローソン・・・こちら
ファミリーマート・・・こちら

個人的な経験(ぼっちはandroidのタブレット端末を多用)から言えば、「電波をキャッチしてるのにネットに繋がらないぞ?」ということがまれにあります。
(これも個人の経験ですが、セブン-イレブンではそういうことが一度も発生してないです。優秀ですね)

そんなときは、「安全な接続ではありません」のようなメッセージが表示されているはずです。
それでも「進む」「接続する」を押し続けるとログイン画面が出てきてWi-Fiに接続できる(つまりネットが使えるようになる)ことが多いです。

ただし、コンビニ回線は1日の利用回数、接続時間に制限があるので注意してくださいね!
ぼっちはツイッターに投稿しようとした瞬間にタイムアウトで失敗したことがあります・・・。
それと、無料Wi-Fiスポットでは「誰が通信を覗いているかわからない」という危険性があるので、個人情報を含むようなサイトへのアクセスは控えたほうが賢明でしょう。


以上、ぼっちなりにコンビニのイートインスペースが便利っていうお話でした。
これからもぼっち飯を楽しんで、一人時間を充実させてくださいね!


関連記事:ぼっちメシはストレスが少ない?
関連記事その2:ぼっち席、学食に導入じわり