こんにちは! このブログの管理人は友だちいないよ!\(^o^)/ 
ぼっちだよ!\(^o^)/ 
今日は花火大会に生きたいけど友だちいないぼっちはどうしたらいいかという話をするよ!

hanabi_family_bg

花火大会、でも友だちいない。一人ぼっち。どうすればいいか

どうしてこのことを記事にしたのかというと、ふと「花火大会 ぼっち」などで検索をしてみたところ、Yahoo知恵袋などに「花火大会に行きたいけれど友だちいない。どうしたらいいか」のような投稿がかなり見つかったのです。

そこでぼっち(管理人)なりに解決策を考えてみました。

ぼっちの提案は・・・、


写真撮影に専念してみる!


これどうでしょう!?



なぜ花火大会で写真撮影か

最近のスマホの性能の伸びは著しく、とくにカメラは「一眼レフ?」と思ってしまうような綺麗な写真が誰でも簡単に撮影できます。とくにiPhone XやiPhone 8 Plusは複数のレンズを搭載していて、はっきり言ってそこらへんのコンパクトデジタルカメラは不要と言ってもいいほどの性能になりました。

スマホで花火が夜空に煌めく瞬間を撮影しまくる。これ。これですよ。
人と一緒に花火大会に行くと、かき氷を食べたりビールを飲んだりと飲み食いに終始してしまったり、あーきれいだねなどの雑談からなんとなく始まりなんとなく終わってしまったり・・・。
結局、花火大会のキモである「花火」をしっかりと鑑賞できないまま終わってしまったり・・・。

しかしながら、「花火を撮影するのだ!」という決意のもと花火大会に行けば、本当に花火そのものに集中でき、なおかつ撮影した画像はずっと残ります。
しかも! 何かに集中すればするほど他人の目線が気にならなくなるので、「自分ってぼっちなんだ・・・」なんて思っているヒマはなくなります! というか花火が煌めくのはほんの一瞬ですからそういうことを考えているうちに終わってしまいます! シャッターチャンスは逃さないでください!
撮影した画像をTwitterなどにアップしたら、誰かから反応があるかもしれませんしね!


この記事にたどり着いた方は、「花火大会だけど友だちいないどうしよう」「ぼっちだと思われたらどうしよう」ということでお悩みかもしれません。
でも、花火大会のような大勢が集まる場所では、えてして誰も他人のことをそんなに気にしないものです。たとえば新宿とか道頓堀に行ったとき、他の人をいちいち細かくウオッチしますか? しませんよね普通。つまりそういうことです。

そもそも花火大会は複数で行かなくてはならないものなのでしょうか。

「友だち」という言葉を重くとらえすぎていないでしょうか。
自分のやりたいことは、自力で実行してみる、そういう独歩の道を歩むことも大切だとぼっち(管理人)は思います。


ちなみに今年の花火大会・・・。
ぼっち(管理人)は・・・。





ヴァイオリンの練習が忙しくて行けないよ! \(^o^)/オワタ
(むちゃくちゃ難しい楽器なので、休日は5~6時間位弾いてます。でも上達しないです!)



ご参考:ぼっちに写真がよく似合う話。