「もう1人でも怖くない」 大学公認“ぼっち席”学食に広がるという記事

いい話ではないでしょうか。
ぼっち(筆者)が大学生(マンモス校だった)のときは、ぼっち席というものは学食にありませんでした。
必然的に、大テーブルの空いている席を見つけて座る(するとぼっちの周りだけ空間ができる)ことになっていました。

便所飯という言葉がありますが、一人でご飯を食べている=友だちがいない証拠、と見られてしまうので人目を避けて食事をする学生もいます。
もしかすると、学食でぼっちだけがいつも一人で食事をしていた(そんな行動パターンはぼっちだけだった)のは、裏を返せば他の友だちがいない学生はそもそも学食に行くことを避けていたのかもしれません。

しかし時代は変わりましたね。ぼっち席、筆者の近所の大学にもあります。

集団行動から個人行動へのシフトは時代の流れです。
ぼっち席への理解が広まることをきっかけに、大学でぼっちであることを気に病む人が少しでも減ることを切に願っています。