私の職場はフリーアドレスというのを採用しています。

決まった座席というのがなく、オフィスの定められたエリア内ならどこの席に座って仕事をしてもいいというもの。

新宿中央公園のベンチで寝ようが、上野公園でブルーシートを敷いて寝ようが、どっちでもOKみたいなものですね(?)。

これでいろんな人と話をしてコミュニケーションが活発になる!




・・・はずだったのですが・・・。


office


フリーアドレスなのにいつも同じ席

隣のとある部署では、なぜかみんな座る席が固定化してしまいました。
課長がこの席に座ると、課長補佐がその対面に座り、あとはみんな1回座った席がなんとなく「マイ席」になってしまい、だんだんそれが固定化されてしまいました。

私の部署もそうなりました。
課長がいつも座る席が決まっています(まずそれがよくないんですけどね)。

で、パートさんが座る席も決まっています。郵便とか宅配便の人が来たときに対応しやすいように、カウンターのそばに座っています。

さらに人事業務をしている人と給与業務をしている人はだいたい仕事で絡むことが多いので、だいたいペアで座っています・・・。となるともうだんだん座る席がほとんど決まってきて、私も1,2席くらいしかバリエーションがありません。

フリーアドレスなのにいつも同じ席! なんてこったい!!


フリーアドレスなのにいつも同じ席を打破するためには

もしどうしてもフリーアドレスらしさを求めるなら、あえていつも座らないところに座ってみる。
「なんとなくの空気」に逆らってそういうことをしてみるしか、「いつも同じ席」現象を打破することができないでしょう。

いつも同じ席に座ることって、法律でも何でもないですし、もともとフリーアドレスですからいつも同じ席ということそのものがおかしいわけです。

ただ、「そういう状態になった」のも何かしらの必然性があるからであって、業務上の都合でこの席が一番都合がいいというのであればそれを覆す意味もありません・・・。

そもそもフリーアドレス自体が、「外回りの営業が主、オフィスで仕事をするのは従」のような営業マンなどを念頭において出来た仕組みですから、人事とか給与とか法務のような内勤メインの働き方にまでフリーアドレスを持ち込むのはちょっと変です。

でもなぜかうちの職場はフリーアドレスになってしまいました。外回りの営業マンなんてほとんどいないんですけどね・・・。

で、これで少しはコミュニケーションが活性化するだろうと思っていたら・・・。






























活性化していないのです・・・。