2020年4月14日から、ファミリーマート限定で「ポムポムプリンは飲み物です。」が発売されています!

山陽新聞社によると、
同商品はプリンをストローで飲むドリンク。飲みごたえのある400グラムの大容量サイズで、パッケージデザインは3種類。デザインを順次切替予定で、なくなり次第、終了となる。
(https://www.sanyonews.jp/article/1003637より)

ファミリーマートのHPにはパッケージデザインについては触れていませんが、じつは3種類もあったんですね・・・。

ポムポムプリンを応援する私はさっそく購入しました。
2020年4月現在、東京都知事は外出を自粛するよう都民に要請しています。

ところがこういうときに限って帰り道は遠回りしたくなるんですね・・・。
というわけで仕事の帰り道に「ポムポムプリンは飲み物です。」をゲット!
私は職場の近くに住んでいて自転車通勤。多くの同僚がリモートワークとなる中、自分だけは職場維持要因に割り当てられてしまったのです・・・。
でもおかげで「ポムポムプリンは飲み物です。」が手に入ったのは怪我の功名でしょうか?

pompompurinha nomimono



「ポムポムプリンは飲み物です。」を飲んでみた感想


短くまとめると上記のツイートのとおりでして、一つ一つ見ていきたいと思います。

濃厚なプリン味
これは本当にそのとおりです。飲み物だからといって一切の手加減がありません。
普通のプリンが液体化しているような濃厚なプリンの味が口の中に広がります!

400mlとボリュームあり
給食のときに出てくる牛乳が200mlですから、その2倍の量。
ファミリーマート通常価格は230円(税込み248円)ですから、値段以上のボリュームがあると言えるでしょう。
でも子どもにはちょっと多すぎる量かもしれません。

417kcalとタピオカ並み
KIMG0224

タピオカミルクティー一杯ぶんのカロリーが300kcal前後と言われています。
Lサイズで注文したときのタピオカミルクティーのカロリーと「ポムポムプリンは飲み物です。」が大体同じくらいといったところでしょうか。

飲んだら運動必須
ちなみに「消費カロリー=自分の体重(kg)×走った距離(km)」です。
417kcalを消費したくなったときは、あなたの体重が50kgだった場合は8kmちょっと走れば消化できることになります。・・・って結構な距離ですね!
私はジョギングをここ数年取り組んでいまして1回あたり大体7km走っていますが、1回では消費しきれない計算になっています・・・。

女子なら二人で分けて飲んだほうがいい
そういうわけで、女子なら1人で飲むのではなくて、仲良し2人で分けるほうがよいでしょう。
ちなみにこのブログは「友だちいない研究所」といいます。
友だちがいない私はもちろん1人で飲みました・・・。

ファミリーマート限定販売、なくなり次第終了
残念ながら永遠に売っているわけではありません。
なくなり次第終了です。

ということは先手必勝、ポムポムプリン好きな方は見つけ次第すぐに買うべきでしょう。

奇抜なネーミング
東京には変な名前のお店があります。
「カレーは飲み物。」「焼きそばは飲み物。」「とんかつは飲み物。」「ハンバーグは飲み物。」
固形物なのに飲み物とはこれいかに。

「ポムポムプリンは飲み物です。」は明らかに影響受けてますね・・・。

商品開発担当者は男性なのか
グリーンスムージーとかサンドイッチではなくてカレー、焼きそば、とんかつ、ハンバーグといかにも男性が好きそうな食べ物に被せるようにポムポムプリンというのは・・・、商品開発を担当したのは女性ではないと思います。

どうしてこういうネーミングが通り、サンリオがよりによってポムポムプリンの起用を認めたのかちょっと不思議ですが、限定商品なだけにこの機を逃せば一生飲めないかもしれません。

繰り返しになりますがポムポムプリン好きな方はぜひファミリーマートでゲットしちゃってください!!