ヴァイオリンを弾いていると、どうしてもちょっとずつ汚れてきてしまいますよね。

練習の前に手を洗ったとしても人が触る以上は少しずつ汗や手脂、手垢などが付いて黒くなってきたり、本来のツヤが失われてきてしまったり・・・。

で、練習後に弦を拭いている布で楽器や弓をゴシゴシ・・・。

してはいけません!

ついついやってしまいがちなことなのですが、松脂が付いた布で楽器をこするのは松脂を関係ない箇所にも拡散させているのと同じ。

楽器や弓を拭くためにはもう一つ柔らかい布を用意しておきたいものです。

たとえばこういうやつですね。こちらはアマゾンで5枚で655円。
1枚あたり100円ちょっとですから気軽に使えます。



でも、さらに備えておきたいアイテムがあります・・・。

violin_cleaning


ヴァイオリンや弓の手垢、汚れ対策に持っておきたい弦楽器用クリーナー&ポリッシュ

楽器店でヴァイオリンや弓を買うと、お客さんに手渡す前にちゃんとオイルのようなものを使って磨いてくれますね。
あれと同じようなものは市販されています。

私が使っているのはこちら。ギャラックスの弦楽器用クリーナー&ポリッシュでオレンジオイル配合。



オレンジオイルが配合された、弦楽器用クリーナー&ポリッシュです。
天然由来洗浄成分のオレンジオイル配合、研磨剤を含まない安全なクリーナー剤です。

松脂などの汚れをきれいに落とし、同時にニスに艶を与えます。
抗菌、消臭効果も併せ持つ万能クリーナーです。

他のポリッシュと違い、柑橘系のオレンジオイル配合で、さわやかなオレンジの香りがするため、使用後も良い気分です!!
他のクリーナーなら数百円安く買うことができます。
ただ単に磨くだけならそれでもいいでしょう。

しかしヴァイオリンや弓は一度買うと場合によっては数十年くらい使うもの。
クリーナーも一回買ってしまったら数年は使い続けるでしょう。
それを数百円ケチって安いものを使うよりは、オレンジオイル配合で使うたびにテンションが上がるものを使ったほうが絶対お得なはず!

アマゾンのレビューでもこちらは高い評価を得ています。
特にオイルフィニシュで仕上げたニスの楽器に対しては植物由来成分のお陰で色落ちもなく、優しく磨くという風にきれいになり、松脂も落とせました。ヒルクリーナーよりかも断然いいと個人的には思いますね。

ギャラックスの弦楽器用クリーナー&ポリッシュを使ってみた感想

当たり前といえば当たり前なのですが、たしかにツヤが増します。
というとなんの感動もないかのように見えますが、普通に布でこすっているだけではツヤが増すということはありません。
ですが柔らかい布(セーム革など)にこのクリーナーをつけて磨くと爽やかなオレンジの香りが鼻を刺激し、幸せな気分にしてくれます。

さらに松脂で汚れていた弓や楽器の表面に輝きが蘇るわけですから一石二鳥。

不思議なもので、こうして常に楽器をキレイにしておくと練習へのモチベーションも高まります。
心理効果なのかなんなのか・・・、私はこのクリーナーで弓を磨いたあとでモーツァルトを弾くといつもよりもアダージョの雰囲気がぐっと「らしく」なりました!

必要最低限のグッズでいいという場合は見過ごされがちなクリーナーですが、持っていて損することはありません! 否持っているといいことしかないのがクリーナーです。

楽器店で見かけたら、ぜひゲットしてみてください!!