ビジネスホテルで有名なルートイン。
全国至るところにあるので、出張や旅行で一度はお世話になったことがあるのではないでしょうか。

値段も手頃、設備もとくに問題なし。
全国どこでも想像どおりのサービスレベルなので「ハズレだったらどうしよう」という悪い予想とは無縁。

全国津々浦々でこの水準を確保するのって、けっこうすごいことじゃないでしょうか。

さて私も2020年3月に長野県の諏訪湖のほとりにある、ホテルルートイン上諏訪に宿泊しました。

そこで館内で無料提供されているWi-Fiの速度を測ってみました。

wifi


ルートインホテルでのWi-Fiの速度はどれくらい? 測ってみたよ。

これは2020年3月20日(祝)、20:30ごろ計測したものです。

route-inn

自宅(集合住宅)の回線よりもいい数値が出てきました。
これはGoogleでSpeedtestと打ち込むとネットの速度を測ることができますが、その機能を使って計測したものです。

もちろんインターネットの回線速度というのはふつうベストエフォート方式。
携帯電話会社が最大1G!のようなうたい文句で宣伝していますが、そんなものはあくまでも理想状態のもとでの能力です。

ベストエフォート方式であるからには、「そのときのベストがそのときの速度です」というもの。
高速道路も空いているときは100キロを超えてびゅんびゅん飛ばせますがお盆休みはノロノロになってしまうのとおなじことです。

話をルートインに戻しますと、あくまでも参考値ですが上記のような速度がでることが確かめられました。
満室の状態で、しかもみんなが同時多発的にネットに繋いでHD動画を見ていたりするとガクッとスピードダウンすることは想像できますが、ある程度余裕のある状態なら通常の使用ならまったく問題ない速度が出るようです。

ルートインのすべての支店網で同じネット環境とは限らないのですがチェーンであるからには著しくインフラ整備が食い違っていることも想像しにくいですよね。

他の地方のルートインに宿泊するであろうどなたかのご参考になるかと思い、記事化させていただきました。