このブログは「友だちいない研究所」といいます。

管理人である私は友だちがいません。ぼっちです。

普通なら陰キャで友だちがいないとデメリットしかないのですが案外トクすることもありました。

そう、人と会わないので結果的にインフルエンザウイルスを体内に取り入れることもまずないのです。
やったぜ!

flu


友だちいない→インフルエンザになりにくい説

友だちがいないと、休日に人と会うために外出するということもほとんどありません。
休日の私は数時間ヴァイオリンを練習して、1時間ほどジョギングするというルーチンが固まっています。

つまり電車に乗って新宿や渋谷に行って人と会って・・・、ということはまずないのです。

結局風邪をうつされることもなく、インフルエンザのウイルスを体に取り込むこともありません。



この手のニュースとは、今の所まあったく縁がありません・・・。

さて富山県の公式サイトで、インフルエンザの予防方法について書かれているページを見つけました。
①感染経路を断つ
インフルエンザは、感染者の咳、くしゃみなどによって放出されたウイ ルスを吸い込むことによって感染します。
 また、空気が乾燥すると、のどの粘膜の防衛機能が低下して、ウイルスに感染しやすくなってしまいます。
 そのため、以下のことに気をつけましょう。
◎人ごみを避ける(特に慢性疾患を持っている人、疲労気味 の人)
◎外出時にはマスクをする
◎適度な湿度(50~60%)を保つ
◎うがい、手洗いを忘れずにする


②抵抗力をつける
 体力や抵抗力があれば、インフルエンザにかかりにくくなります。
 そのため、以下のことを心がけましょう。
◎十分に睡眠をとる
◎バランスのよい食事をする
◎適度に運動をする
(http://www.pref.toyama.jp/branches/1268/05-kansen/flu.htmlより)

うーん、人ごみを避けるもなにも誰とも会ってないし(平日も電車ではなく自転車通勤)、しょっちゅうジョギングしている(人と会わないので時間がある)ので体力は維持できています。

こう考えると、友だちいないぼっちはインフルエンザにかかりにくいというメリットがあります。


友だちいなくてよかった!!\(^o^)/