私はこれまでHUAWEIのHuawei MediaPad T2 8.0 proというタブレット端末を使っていました。

2017年春に買いましたので、購入から3年近く経過してちょっと動作がもっさりしてきたかな、そろそろ買い替えたほうがいいのかなと思っていました。

そんなある日。

ガタッ!


床に落っことしてしまいました。

打ちどころが悪く、液晶にヒビが入り一瞬で使い物にならなくなりました。

慌てて「なんでもいいからとりあえず1つくれ!」とAmazonで速攻注文、翌日届いたのがこちら。

Lenovo Tab E8 WiFiモデル (MediaTek MT8163B/8.0型液晶/2GBメモリー/ストレージ16GB/スレートブラック)ZA3W0042JP
というタブレット端末でした。

前回のHUAWEI端末は24,000円ほどで購入しました。

が、今回は14,000円くらいの超格安端末です。

iPad miniが50,000円ほどですから、価格はおよそ3分の1。

一体どんな端末なのか・・・。

Lenovo Tab E8


Lenovo Tab E8 WiFiモデルを使ってみた感想。ネットとメール、YouTubeくらいなら十分

アマゾンに掲載されているスペックと、私の感想を書き留めておきます。

【構成内容】
・OS:Android™ 7.0 → 動けばバージョンはどうでもいいです。

・CPU:MediaTek MT8163B クアッドコア プロセッサー 1.30GHz → ネットとメール、YouTubeなら普通に使えます。

・ディスプレイ:8.0型ワイドIPSパネル (1280x800ドット) → 画質はこんなものかな、という程度。Apple製品に絶対負けます。とはいえ電子書籍(漫画も小説も)、YouTubeの用途なら十分でしょう。

・メモリ:2GB LPDDR3 → ネットとメール、YouTubeくらいなら十分でしょう。

・フラッシュメモリー:16GB → 別にそんなに動画や画像を端末内に保存するつもりはありません。16GBで十分です。

・microSDスロット:microSDメディアカードリーダー(最大128GBまで対応可能) → 容量を増強したいならこちらに保存できますね。

・インターフェース:Micro USB 2.0ポート(OTG機能付き)、マイクロフォン/ヘッドフォン・コンボ・ジャック → イヤホンがつなげればそれでいいです。

・内臓カメラ(イン/アウト):200万画素/500万画素 → 綺麗な撮影は無理でしょう。とはいえスマホがあれば撮影のためにタブレット端末を使う必要もありませんね。

【通信機能】
・Wi-Fi:802.11 a/b/g/n → 家や職場のWi-Fiがキャッチできました。それ以上求めません。

・Bluetooth:Bluetooth v4.2 → Bluetoothでキーボードを使いたいときに役立つでしょう。でもタブレット端末ってもともとコンテンツ制作ではなくコンテンツ閲覧を想定しているものなので個人的には出番ゼロです。

・NFC:なし → タブレット端末でお金の決済をしようとは思いません。よってなしで結構です。

・WWAN:なし → ワイヤレスワイドエリアネットワークのことだそうです。知りません。

・SIMカードスロット:なし → べつにどうでもいいです。

【通信方式】
・LET: → べつにどうでもいいです。
・W-CDMA: → べつにどうでもいいです。

【寸法重量】
・本体寸法 (W×D×H)mm:約 209x123x8.9mm → 8インチなので当たり前の寸法です。

・本体質量(バッテリーパックを含む):約 320g *バッテリー重量は本体内蔵の為、仕様上公開しておりません。ご了承ください。 → 前使っていたのが340gなのでちょっと軽くなりました。電車の中でずっと片手で支えるのは辛いかな、といった程度です。電車通勤しない人は無関係ですね。

・バッテリー:リチウムイオンポリマーバッテリー → べつにどうでもいいです。

・バッテリー容量:4850mAh → はあ・・・。

・使用時間:約 10 時間 → ネットとメール、YouTubeくらいなら2,3日に1回程度の充電でいいでしょう。

・充電時間:約 5.5時間 (ACアダプター使用時) → こんなもんかな。

【付属品】
・ACアダプター、マニュアル類、USBケーブル → 普通の付属品ですね。

【保証】
・1年間、送付修理 メーカーへの送付・梱包料はお客様負担 → 1年くらいなら壊れることもないでしょうたぶん。


スペック表には書かれていないが、Lenovo Tab E8 WiFiモデルを実際に使ってみた細かい感想

・サウンドにやや難あり
→ モノラルっぽい雰囲気。一箇所しかスピーカーが付いていないためやむなし? ただしイヤホンを繋げば当然左右から音が聞こえる。
一応DOLBYという機能があり、映画モードや音楽モードなど色々音響を設定できるものの、スピーカー一箇所では横長の向きで使ったときに音が左端または右端からしか聞こえてこないので、この機能を使うのは無駄な努力でしかない気がします。
むしろイヤホン(ヘッドホン)をおとなしくつないだほうがいいでしょう。

ただ持ち運びを前提とした端末に音質を求めるのは個人的には違和感があります。

・明るさ/暗さを感知しないので自分で明るさを変えないといけない
→ 前のHUAWEIには付いていた機能でした。とはいえそんなに重宝していたわけではないのでまあこんなもんかなという

正直、タブレット端末はあちこち持ち歩くものですから、いつかは落として壊してしまう(私のように)という運命になりがちです。
それは明日かもしれませんし、3年後かもしれません。それは誰にもわかりません。

いつか事故で壊れるということを念頭に、「せいぜい2,3年持てばいいかな」「壊れたら買い換える」「ネットとメール、YouTubeくらい。難しいことはパソコンで行う」という割り切りを前提にするのなら14,000円でもLenovo Tab E8 WiFiモデルは十分使える機種だと言えるでしょう。

もしかしたら新機種が投入されたがゆえの「格落ちモデル」ということでこの価格になったのでしょうか?
詳しいことはわかりませんが、私にしてみれば2022年くらいまでの「つなぎ」として十分役立ってくれる端末だと思っています。