ローソンで2020年1月21日から限定発売されているもちもちポムポムプリン焼き。

ポムポムプリンを広めるのが仕事であるポムバサダーの私はもちろんゲット!


KIMG0174a

さっそく食べてみたので感想を書いていきます!

もちもちポムポムプリン焼きを食べてみた感想


人気キャラ「ポムポムプリン」の寝そべり姿を再現したかわいらしいたい焼き。チルドデザートコーナーに並びます。
ポムポムプリンの好きな「ママが作ったプリン」をイメージしたプリン味のクリームが詰まっています。
ポムポムプリンらしい淡い黄色のもちもち食感生地の中には、プリン味のクリームが入っています。クリームは、ポムポムプリンの好きな「ママが作ったプリン」をイメージしたそうです。一食201kcal。
(https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200121-00000010-ascii-bus_allより)

私は紅茶と一緒に食べました。

KIMG0175


パッケージを開けて広がるのが、優しいクリームの香り。
この優しい雰囲気はポムポムプリンくんのイメージにぴったり!

実際に食べてみると、口の中に広がるのが生地のもちもちとした食感です。
先ほど引用した記事のなかには「たい焼き」という言葉が使われていますね。
もちもちポムポムプリン焼きは実際のたい焼きよりもさらにもちもちとしています。(と書けば、どれくらいもちもちしているか少しは伝わりますでしょうか。)

生地の中に入っているのが柔らかくて優しげなたたずまいのクリーム。
「ママが作ったプリン」というコンセプトを考えた人は、目のつけどころがいいですね!

メーカー希望小売価格は146円だそうですが、この価格でよくここまでポムポムプリンの世界観を表現しました。商品開発に携わった人のたしかな愛を感じました!




・・・ところで。



おしりらしきものが再現されているようなのですが、目の錯覚でしょうか。


このおしりです。私がいたく応援している渡辺麻友さんも「おしりー!」といって喜んでいたおしりです。

製造ミスかなにかでしょうか。

この食レポ記事は1回目に食べてすぐ作成したものです。あまり注意深く見ないでパクっと食べてしまいました。

実は私は2個買っていますので、明日もう1つ食べるときに(覚えていれば)たい焼きのお尻の部分をまじまじと見てチェックしておきたいと思います。
(本当は買い占めしようかと思ったのですが、他の人が買えなくなるとよくないのでやめておきました。)