ヤフーニュースで声優の茅原実里さんがブログを毎日更新している理由について語っています。
私もこのブログを初めて1年と5ヶ月が経過しました。
ということはブログとしてはまだまだ初歩の部類、フルマラソンで言ったら5km地点辺りでしょうか。

15年というと365日かける15=5,475。膨大なコンテンツの積み重ねです!

さてニュースを読んでみると・・・。



茅原さん:
あ、実は私、15年間毎日ブログ書きつづけているんです。

いしかわ:
えっ、何のために…!?

茅原さん:
15年前に、マネージャーと約束したんです。

当時は誰も茅原実里のことを知らなかったので、少しでも人に知ってもらうために始めてみようって。自分自身を発信する場所として頑張ってやりつづけようって。

そこから毎日書くと決めているんです。

いしかわ:
でも、今はたくさんの人に知ってもらっているじゃないですか。それでも毎日続ける理由は何なんですか?

茅原さん:
「私はいつもここにいるよ」っていう、ファンのみんなへのメッセージですね。

昔は本当に仕事がなくて、書くネタに困って、無理やり絞り出して書いていたこともありました。でも、そんな足跡すら愛おしくて、たまに振り返って、何年前のこの日は何をしていたんだろう? となぞることで今を大事にできている部分もあります。

ここには、私の軌跡が詰まってるんです。本当のことを言うと、15年もこの仕事を続けて来られるなんて思ってもいなかった。
ここには続けることの極意が詰め込まれているようです。

adult-1850177__340


私なりに考えた、続けることの極意

1.構成がしっかりしている
茅原さんのブログは、そのときの出来事+そのときの写真+感想という構成になっています。
構成がしっかりと決まっているので、非常に書きやすいですね。

2.頑張りすぎない
ブログは基本何を書いてもOK。
自分の近況報告を書いてもいいですし、難しい哲学的なことを書いても構いません。
何かのノウハウでも、自分だけが知っているネタでもいいです。

しかし自分だけが知っているネタなんてめったにありませんし、哲学的なことも毎日書けるはずもないですよね。
張り切りすぎるとかえってハードルが上がって続けにくくなるのがブログ。
頑張りすぎず、自然体な自分の姿を伝えることに絞っているのでとても記事をポストしやすくなっています。(というか、それが本来のブログの用途ですよね。)

3.お金を目的にしていない
ブログは稼げるという誤解があります。
もちろん有名ブロガーの方は記事をポストすることで収入を得ていますが、それで普通のサラリーマンに匹敵するだけの収入を得ているのはブログをやっている人の1%にも満たないのではないでしょうか。

逆にお金をモチベーションにしてしまうと、稼げなくなった時(例えばGoogleのアルゴリズム変更でで狙ったキーワードが上位表示されなくなった時)は一気にやる気が消えてしまうでしょう。

あくまでもファンの方へ自分のことを伝えたいという思いがあり、その原点に徹しているからこそ続けられたのだと思います。

なにかを続ければ、それがあなたの人生の軌跡になる

「いちどに道路ぜんぶのことを考えてはいかん、わかるかな? つぎの一歩のことだけ、つぎのひと呼吸のことだけ、つぎのひと掃きのことだけを考えるんだ。いつもただつぎのことだけをな。」
これはミヒャエル・エンデ『モモ』の登場人物、ベッポじいさんの言葉です。
またひと休みして、考えこみ、それから、
 「するとたのしくなってくる。これがだいじなんだな。たのしければ、仕事がうまくはかどる。こういうふうにやらにゃあだめなんだ。」
そしてまたまた長い休みをとってから、
「ひょっと気がついたときには、一歩一歩すすんできた道路がぜんぶおわっとる。どうやってやりとげたかは、じぶんでもわからんし、息もきれてない。」
ベッポはひとりうなずいて、こうむすびます。
「これがだいじなんだ。」
このように、一つ一つの積み重ねが気づいたら大事業になっているもの。
逆に言うと、楽しくないことを続けるのはとても難しいようなのです。
茅原実里さんのブログも続けることで膨大なコンテンツが蓄積され、それがそのまま生きてきた証となっています。

何かを続ければ、それが人生の軌跡になる。茅原実里さんのブログからはそんなことがうかがわれます。