私はなぜか子供の頃から、春~初夏にかけて、なぜか2~3週間だけやたらと手汗が出るシーズンがあります。
5月のGWごろだったり、梅雨のころだったりと時期は毎年微妙に変わります。
しかし夏になる前に、どこかのタイミングで必ず手汗が出るのです。

ヴァイオリンとエレキギターを弾いている私にとって手汗をどうするかは深刻な問題でした。
これは個人の体質とも関わることなのでちょっとやそっとで治るものではありません。

今年も結局克服できず、手汗が沢山出る2週間を過ごしました。
例年なら手汗が出る、水疱ができる、手の皮がボロボロとむける、汗が止まって夏を迎えるのパターンですが、今年は水疱ができる、手の皮がむけるということにはなりませんでした。

それは、あることを試したのが理由だと思います。

誰にでも当てはまるかどうかは分かりませんが、ご参考までに私のやったことを記事化しておきます。

soap-1209344__340


春~初夏にかけての手汗問題。ヴァイオリンやエレキギターを弾く私がやった手汗対策

朝目が覚めた瞬間は手が乾いているのに、すぐに手汗がにじんできて、ヴァイオリンを弾こうとすると弓に汗がついたり、ネックの部分に汗がついたり。
エレキギターも指板に汗がついたり、スチール弦と汗が入り混じった嫌な臭いがしたり・・・。

ズバリ、私がやった対策は、「頻繁に手を洗う」でした。

それも水で洗うだけでなく、ハンドソープを使う・・・のでもなく、「洗顔フォーム」で手を洗うことでした。
去年と今年の違いはこれだけでした。
でもこれを繰り返すだけで水疱ができる、皮がむけるということはありませんでした。


なぜ水疱ができなかったのか

思うに、ハンドソープと洗顔フォームの成分の違いではないかと思います。
私の家にあるハンドソープと洗顔フォームはどちらもトップバリュのプライベートブランド。
つまりイオン系列のスーパーで売っている一番安いやつです。

不思議なことに、豚肉の脂が手についたときにハンドソープで洗うと脂が残るのに、洗顔フォームだと脂がきっちり落ちるのです。まあもともと洗顔フォームは脂を落とすためのものだから当然ですよね。

私はここに注目しました。水疱ができるのは、手に汗が発生し、汗腺が詰まったりして不衛生な状態だから。つまり洗顔フォームなどでゴシゴシ汚れを強引に落とせばいいだろう・・・。パッケージには「炭」と書いてあるが、薬用炭の力で毛穴の汚れまできれいに取り除くというのなら、当然手のひらだってきれいになるだろう・・・。

私の場合、それが効いたようです。
おかげさまで手汗が猛烈に出る2週間を過ごしましたが皮がボロボロむけるということにはなりませんでした!

おわりに

今回はたまたまだったのかもしれませんので、来年も同じことをやって本当に効果があるのかどうか検証してみたいと思います。
とにかく手汗~水疱~手の皮がむけるというサイクルにはまらなくてラッキーでした!

この記事を読んでくださったということは、おそらくあなたも同じ悩みを抱えていらっしゃることと思います。
一応、イオン以外で安めの商品を探してみた所、こちらの洗顔フォームはレビューで高い評価がついており、値段も安かったです。ご参考までにご紹介させていただきます。