ヴァイオリンを始めた初心者がまずつまづくこと。

それは弾ける、弾けない以前の問題としてチューニングができない! ・・・コレです。

ヴァイオリンの弦は音の低い方(演奏者から見て左側)からG、D、A、Eの順に並んでいます。

基本的にまずA線をラの音に合わせる・・・のですが、まずこれができない。

E線をミの音に合わせる・・・、つもりがペグを巻きすぎて弦を切ってしまう! そして絶望する・・・。

こんな方も多いはず!(というか、過去の自分です)

一体どうすれば・・・。

opera-594592_960_720


ヴァイオリンのチューニング。初心者のうちはチューナーが手っ取り早い

専門書などを読むと「音のうねりが・・・」「倍音が・・・」「共鳴が・・・」「音叉を使って・・・」「ピアノの音に合わせながら・・・」などと書かれています。

たしかにある程度ヴァイオリンの音を聴き分ける「耳」ができていると共鳴を感じたり、僅かな音程の違いでも「あれ?」と違和感を感じることができるようになります。

ですが、初心者のうちは音程の違いといってもよくわからず、悩んで専門書を読むと敷居が高いことが書いてあってますます混乱するのが関の山ではないでしょうか。
そこで活躍するのがチューナーです!

これはクリップのようにヴァイオリンのスクロールの部分に挟み込んで使います。
(ここでご紹介したチューナーはギターやウクレレ、ベースでも使えます)

1.音の高さを442ヘルツに設定し(ポピュラー音楽では440ヘルツですが、クラシック音楽では442ヘルツが一般的です)

2.ヴァイオリンのスクロール部分に挟み込んでスイッチをONにして

3.モードは「C」または「V」(クロマチックまたはヴァイオリンのCとVを指します)を選ぶ

4.ヴァイオリンのそれぞれの弦を弓で弾く

すると音が高ければメーターが水平より上に、低ければ水平より下に振れます。
G、D、A、Eとディスプレイに表示され、かつ水平になるまでペグやアジャスターを回して調整します。(仮にG、D、A、Eではないアルファベットに対して水平になってしまったら、本来の音ではない音にチューニングしてしまったことになります。)

アジャスターというのは、

IMG_20170624_134914
この丸で囲んだネジのようなもののことを言います。
これを回すことで、ペグを回すよりも微細な調整をすることができます。

私はこれまで複数のチューナーを試しましたが、一番使いやすいのはこのようなクリップ型のモデルでした。

なお、面倒くさいからといってチューニングをすっぽかして練習を始めると、音程がずれたまま演奏することになり、結果的に間違った音なのに「これでいいのだ!」と信じ込んだまま突き進んでしまうことになります・・・。

ペグが固くて回らない! という「あるある」にはこの「ペグコンポジション」を使ってください。
ペグコンポジションというのは、一言で言うと「潤滑剤」のようなものでペグに塗ることで滑らかにすることができます。


おわりに

実際問題、この記事をお読みの方はおそらく「子供のころからヴァイオリンをやってます」ではなく、「ある程度年をとってから(大人になってから)始めた」人だと思います。(私もそうです。)

こうした方に、例えば音楽大学への進学やメンデルスゾーンやチャイコフスキーの協奏曲を演奏する技能を身につけることを暗黙の前提とした指導法や書籍を意識しなければならないかというと、それは違うと思います。

実際問題、いくつかの歌謡曲が弾ければよい、就職したらオーケストラ部は退部するつもりだ、といった様々なニーズに応じた指導や書籍はほとんど見かけたことがなく、とにかくハードルが高いことが書かれているのが実情です。

しかしながら、音楽大学や協奏曲の演奏を目指さないアマチュアにはアマチュアなりのやり方があってしかるべきではないでしょうか。

今日はそうした観点からヴァイオリンのチューニングについて記事化してみました。




ちなみに、弦を切ってしまった方は当然ながらスペアを買わなくてはなりません・・・。
弦はリアル店舗で買うよりも通販のほうが若干安く売られているようです。

弦の種類で迷ったら、まずはドミナントが良いと思います。
車で言ったらトヨタのようなものでしょうか、とにかく世界中で愛用されている(もちろんプロも使っている)定番のアイテムになっています。


と言ってもセットで4千~5千円もするのは、正直辛いです。
もっと安く弦を買いたい! という人には、こちらの記事をどうぞ・・・。