俳優、オーランド・ブルームが婚約したとの報道がありました。

2月15日(現地時間)、ケイティ・ペリー(34)が14日(現地時間)のバレンタインデーオーランド・ブルーム(42)と婚約したことを認めた。
2016年に開催された第73回ゴールデン・グローブ賞後に交際をスタートし、その1年後の破局を経て昨年再び復縁していた二人。ケイティとの交際で自らが成長したと感じているオーランドが、そろそろ腰を落ち着けたいと思っているため、結婚間近ではないかと昨年の10月に報じられていた。
(引用:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190215-00010003-vogue-ent)
このように報道されています。

オーランド・ブルームといえば、私にとっては『ロード・オブ・ザ・リング』三部作や『ホビット』三部作のレゴラス、『パイレーツ・オブ・カリビアン』のウィル・ターナーを演じた俳優。

寿命がないエルフ=レゴラスを演じていると気づきませんが、彼自身は40歳を越えていたことに時間の流れを感じてしまいました。

オーランド・ブルームがインスタで詩を引用。42歳という年齢に若さも感じた

彼のインスタグラムにはこのような詩が引用されていました。

View this post on Instagram

🎂birthday blessing 💫

Orlando Bloomさん(@orlandobloom)がシェアした投稿 -



これはアイルランドの詩人・オドノヒュー(1956-2008)の作品のようです。
自分なりに訳してみました。

「祝福」
あなたの魂の光があなたを導きますように。

あなたの魂の光が秘密の愛と心の暖かさで成し遂げるわざを祝福しますように。

自分がしたことの中に魂の美しさを見い出しますように。

あなたの仕事の神聖さがあなたとともに働く人と、あなたの仕事を享受する人に光と新しさ、癒やしをもたらしますように。

仕事に倦み疲れませんように。

あなたの中で、仕事があなたのなかでひらめき、興奮、歓びの湧きいでる井戸を解き放ちますように。

あなたがしていることの中にあなたがいますように。
言うまでもなく、オーランド・ブルームが今の彼になるまでの道のりは平坦ではありませんでした。

他方で40歳を越えてもこうした内容の詩を引用・公表できることに彼の年輪を感じ、しかも年齢を重ねつつも若々しくもある点に、芸能界の第一線で走り続けるためにどれだけのエネルギーが必要かを伺わせているようです。

破局から復縁、そして婚約へ至ったとの報道に、私は彼の歩んできた長いキャリアを思い、これからもますます充実した日々を過ごして頂きたいと思わざるを得ませんでした。

追記:
彼の話題作「パイレーツ・オブ・カリビアン」ですが最近はアマゾンでも映画レンタルができるようですね。私もめっきりツタヤに行かなくなってしまいました・・・。