大学入試。もし合格したら、実家を離れて一人暮らしを始めるという人も多いはず。
・・・そんな方は、受験の少し前に東京や大阪などそれぞれの試験会場に向けて出発することでしょう。

しかし。

・・・あれ、出発の日が迫ってきたのに受験票が届かない・・・。どうしたらいいのか??
そうお悩みの方も多いのではないでしょうか。

そんなときはどうしたらいいのでしょうか。

library-869061__340


大学入試で受験票が届かないときはどうするの?

結論からいうと、受験票がなくても受験できます。
そのため、受験票を持たなくて東京なり大阪なりに向かっても大丈夫です。
ただし、会場が複数ある場合、「会場を間違えた場合はどのような理由でも受験できない」という決まりになっていることもあります。

最近はどこの大学もウェブ出願になっていますが、ウェブ経由で出願した人は、出願サイトにログインすると自分の受験番号や選択科目、受験会場などが確認できるようになっているはずです。

たとえ受験票が届かない場合でも、そういう情報だけは事前にくれぐれも確認しておきましょう。

受験票がなくても受験できる理由

普通、どこの大学でも受験票を紛失した、忘れた、届かないという人のために試験当日は会場で仮受験票というものを発行しています。

やはり何百、何千と一斉に発送する受験票ですから途中の郵便事故で届かなかったり、引越や区画整理などで住所がわからなくなったり、出願のときにそもそも住所を書き間違えていたりとか・・・、そんなこともよくある話なのです。

そのために仮受験票を発行する必要があるのです。

仮受験票を発行してもらうためには、生徒手帳などの身分証明書の提示を求められることが一般的です。出発前に身分証明書を忘れず携帯しておきましょう。
また、スマホでウェブ出願サイトにログインして受験情報が表示できるようなら事前にログインしておくと手続がスムーズです。

これで受験票の代わりに仮受験票を手にできれば、あとは受験するだけです。
ベストパフォーマンスを発揮できるよう、当日は頑張って下さい!