私はこれまで何度か、便利屋さんに家事代行をお願いしたことがありました。

単純に網戸やベランダの掃除が苦手なので、
「お金を払ってでも得意な人にやってほしい!」
そう思っていたのです。

便利屋さんといえば、引っ越しの手伝いからハチやコウモリの駆除、植木の手入れ、さらには花見の場所取りや開店セールの行列代行まで頼めばなんでもやってもらえます!

「僕の話し相手になってくれませんか?」

そんな依頼でも引き受けてくれます! 便利ですね!

さて家事代行といえば、他にもCasyのようなサービスがあります。
これは料理や掃除といった家事を代わりにやってもらえるというもの。最近はとくに都市部でこの手のサービスが増えてきた印象があります。
忙しい共働きの方や、ひとり暮らしのお年寄りにとっては重宝します。

今日は、「便利屋とCasyはどっちが便利なのか?」について書いてみたいと思います。


job_benriya_nandemoya

が、Casy、予約取れない・・・。

「便利屋とCasyはどっちが便利なのか?」について書いてみるはずでしたが、私がスポット利用で試してみたところ、Casyは3回予約して3回とも予約が取れませんでした! \(^o^)/オワタ

casy

Casyの予約画面では、こうした空き状況を見ながら希望の日時をクリックします。

私は3回とも、「◯」の日時を指定して2時間(1時間2,500円)の掃除を予約しました。

するとすぐに受付メールが来て・・・。
いただいたご依頼内容をもとに、お伺いできるキャストを手配しておりますので
予約確定まで今しばらくお待ち下さい。
ご訪問キャストが確定次第、メールにてご連絡いたします

※現時点ではご予約は確定しておりません
※他のお客様からのご依頼状況等によりお伺いできるキャストが手配できない場合もございますので、予めご了承ください。
なるほど・・・。

ところがその後どうなったのか返事が来ず・・・。

来たと思ったら

大変残念ではございますが、
今回はキャストを確保することができませんでした。

ご不便おかけして申し訳ございませんが、
別日時でのご依頼をご検討いただけますと幸いです。
宜しくお願い致します。
あれっ、◯だったのに誰も来ないの?

予約が取れないことは過去3回ありました

私は予約が取れないことは過去3回ありました。いずれも、◯の日時で依頼したものの、3回とも「キャストを確保することができませんでした」。

・・・。

1度ならそんなこともあるさと理解できます。
2度でもたまたまかな、とまだ理解できます。
3度やって3度とも誰も来ないのは、これはガチで予約が取れないやつだ!

私はそう思いました。

なぜ予約が取れなかったのか?

Casyからはっきりと説明があったわけではありませんが、なんとなく想像はつきます。

CasyのHPからログインすると、予約依頼中のときは「ただいまマッチング中です」というメッセージが表示されるようになっています。

このマッチングというのがおそらくキモだと思います。

マッチングとは、つまりお見合いや就職活動と同じで、お互いの希望がマッチしなければ何も成立しません。

つまり私の出した条件が、スタッフ側から見れば受けづらいものだったのだと思います。

私の家は東京の外れにあります。最寄りの駅から徒歩20分。交通費は数百円程度しかスタッフに支給されないようですが、2時間の作業をするためにスタッフさんの自宅から私の家の最寄りの駅まで移動し、そこから20分かけて歩く。帰り道もまた歩いて駅まで20分かかる。

そんな往復時間込みで考えると、働く側から見ればあまりに稼げないビジネスになっているのでは・・・。自分の家の立地を考えると、そう思わざるを得ませんでした。


便利屋はどうなのか?

私が日頃掃除をお願いしているのは「便利屋 お助け本舗」
1時間3,000円+出張費2,000円。
2時間の作業を依頼すると8,000円になります。

Casyと比べると割高になります。

ただし、全国に店舗があり、電話で依頼すれば、(予定が合えば)確実に来てもらえるという安心感があります。
また、前述のように掃除以外でもいろんな作業を行ってくれます。

まとめ

最近流行りの家事代行サービスですが、やはり「マッチング」というのがネックだと思いました。
宅配ピザのように頼めば来るというものではなく、相互の希望がうまくマッチして初めて成立となるわけですから、東京23区のように交通の便利な場所ならともかく、交通手段が限られる地域で確実に依頼するのはハードルが高いのかもしれません。

どうしても何かを依頼したい、ということであれば家事代行サービスではなく近所の便利屋に頼むのが割高でも一番確実なのかもしれません。