英語は色んな場面で必要になっていますよね。
高校や大学の入試。就職試験。会社に入っても昇進の条件になっていたり、ある日会社が外資系に買収されてしまったり。

海外旅行に行っても英語ができるのとできないのとでは大違い。

しかし英語を勉強しようとして、わりと簡単に挫折してしまう人が多いのも事実。

話を聞いてみると、勉強が3日~1週間くらいしか続かなくて挫折してしまう(というか、フェードアウトしてしまう)という経験のある人の多いこと多いこと。

今日はなぜ挫折するのか、続けるコツはあるのかを考えてみました。


DSCN0149

なぜ、英語の勉強に3日~1週間で挫折するのか

色々調べてみたところ、次の理由が挙げられるようです。

1.真面目に取り組みすぎて肩に力が入りすぎる
例えば、「単語帳の1ページ目から覚えようとする」「問題集の1ページ目から全部解こうとする」。
まあ悪いことではありません。大学受験で有名校を受けようとすると語彙力がないと読めない長文問題が出題されますから、単語を知っているか知らないかで差がついてしまいます。

しかし真面目に取り組もうとすると、かえってそれがプレッシャーになり、だんだん嫌気が差してきてフェードアウトしてしまうことになってしまいがちです・・・。


2.目的を意識していない
なぜ英語を勉強するのでしょうか。
海外旅行で必要なフレーズを覚えるのと、大学受験をするのと、TOEICのようなビジネスに特化したテストを受けるのとではやるべきことが違います。

その辺りを意識しないで闇雲に問題集を解いたり、英語のニュースを見たり聞いたりしても、ある日気づくはずです。

「なんでこんなことやってんだろう・・・。」

人生は有限ですから、必要のないことに自分の時間という貴重なリソースを費やすことはやめるべきです。
学生が英語をしっかりと勉強するのは大切です。まさにそれが学生の本分ですから。

しかし社会人であれば話は別です。「アウトプットのための効率」を意識しなくてはいけません。
実社会では頑張ったことがそのまま評価に結びつくわけではありませんから、本当に英語を勉強する必要があるのか、勉強を始める前によく考えてみるべきです。


3.学ぶことが習慣づけできていない
英語学習に限らず、多くの成功者について調べていると、「続けること」ができた人が大きな業績を上げることができているようです。


やってみたいと思う人は沢山いても、実際にやってみる人は一握り。
その一握りの人のうち、壁にぶつかっても続けることができるのはもっと少なくなる。
そう書かれています。

もちろん私達すべてが英語の天才になる必要はありません。
それでもコツコツと続けることができれば学校一、会社一の英語力を培うことは不可能ではないでしょう。

英語に限らず、淡々と続けることが成功の秘訣のようです。


挫折しないで続けるコツはあるのか

ではどうしたら挫折しないで続けられるのでしょうか。

私なりに会得したコツを書いておきたいと思います。

1.続ける癖をつける
私はヴァイオリンを弾いているのでヴァイオリンがらみのお話になりますが、ヴァイオリニストの諏訪内晶子さんは子供のころ、「歯を磨いたらヴァイオリンケースを開ける」という行動パターンで日々生活していたそうです。こうすると必ず毎日3回は練習することになります。
(その後諏訪内さんはチャイコフスキーコンクールのヴァイオリン部門で日本人初の1位を獲得しました。)

歯磨きそして練習というのはストイックに見える行動パターンですが、実はこういう「マイ時間割」は一度癖として定着してしまうと、それをやらないと気持ち悪いと感じてしまうようになるものです。

私も洋書を毎日1時間読むことを日課にしていた時期がありました(今は英語がある程度落ち着いたのでジョギングに切り替えています)。
案外大変に見えますが、1週間位続けると本当に体に行動パターンが染み込んでいくので勉強を勉強と感じなくなります。

2.楽しめるやり方を見つける
例えば『ハリー・ポッターと賢者の石』あたりから読み始めるのが良いと思います。
理由は、私のツイートをご覧ください。




しかも! このシリーズ、実は第1巻あたりは使われている単語がやさしいのに、巻を追うごとに少しずつ語彙が難しくなっていくという、英語の学習にもってこいの構成になっているのです!

何より楽しい作品なので、読んでいて勉強という気にまったくならないのは最大の利点でしょう!
この作品には色々名台詞がありますが、"(He) was a Slytherin and he was probably the bravest man I ever knew."などの言葉を原著で味わう感動は一生続いたりするもの。

私の場合、さらにオマケまで付いていました・・・。


まさかこんな展開になろうとは、ハリー・ポッターを原著で読み始めたころは思いもしませんでした!

もし英語の勉強が続かない! とお悩みの方がいたら、とりあえずハリポタでどうでしょう。気軽に読み始めてそのまま知らないうちに力がつくスグレモノですよ!




追記:単体で読むのはハードルが高いとお考えの方も『「ハリー・ポッター」Vol.1が英語で楽しく読める本』が発売されているので、併用すれば読破が視野に入ってくると思いますよ!