外出するとなんとなく本屋に立ち寄ります。

するといつも「どこかで見たようなタイトル」の本に出くわします。
まるでスライムとスライムベス・・・。

たとえば・・・。

AしたければBしろ






結局何をすればいいんだ!?


〇〇大学式のなんとか






あの、すいません・・・。「授業受けたら人生変わった!」って人に会ったことがないんですけど・・・。
似たようなものに、マッキンゼーとかの有名コンサルティング会社を持ち出したりして、他人の学歴コンプレックスを刺激するパターンもありますね。


人生で大切な何か







結局何が大切なのかよく分かりませんでした。まあ、知らなくても大損するわけじゃないので別にいいですよね。


まとめ

何かのキャッチーなタイトルの本が流行ると、どこもかしこも二番煎じ祭りになるようですね・・・。

なんだ、アムロがヒットしたらアムラーが街に溢れかえり、AKBがヒットしたらアイドルグループが乱立するのと同じじゃないか!

にしても、安直なタイトルの本を読むビジネスマンって、やっぱり安直な人なんでしょうか。
「同期の中でナンバーワンになりたいんだ!」とか思いつつ安直なビジネス本を読むのって、客観的にはコメディでしかないのですが・・・。

一応、まともな本もご紹介させていただきます・・・。でも新刊ではないです。
時間の試練に耐えるために大切なのは、タイトルじゃなくて中身ですね・・・。