ソーシャルレンディングの中でも比較的知名度の高い「クラウドバンク」。

Googleでクラウドバンクと検索すると、なぜか関連ワードに「怪しい」が引っかかります。

Screenshot_2018-10-04 クラウドバンク - Google 検索
他にもなぜか2ch、貸し倒れ、元本割れなどのようにネガティブなキーワードが多いことが分かります。

どうやら世間では怪しいことだという認識が広まっているようなのです。

そんなに怪しいのか・・・? 誤解じゃないのか・・・?

というわけで、私なりの実績を随時公開しています。

今日は2018年の実績を公開したいと思います。


私のクラウドバンク、2018年1月~9月の実績


Screenshot_2018-10-04 マイページ
ちょっと見づらいですが、1月から9月まで4~7%程度の利回りを得ています。
9月は131万円を運用し、税引後の収益でおよそ5,300円の不労所得を得ています。

単純計算では、年間6万~7万円程度の収益になる見通しです。

クラウドバンクが怪しく見えるのはなぜか

単純に「周りでやってる人が誰もいない」、これに尽きるような気がします。

会社の財形貯蓄をやってます・・・、周りに沢山いるので、自分が同じことをするのは何の不思議もない。

トヨタ自動車の株を持っています・・・、勤め先の株を持っています・・・、これも珍しいことではないので、誰もが「へえ、君株を持ってるんだ、ああそうかな」という感想を持つと思います。

ソーシャルレンディングやってます、クラウドバンクで風力発電に投資してます・・・、これは周りでやってる人を誰も見かけないので怪しく見えてしまう・・・。

でもどうなんでしょうね。
周りが手をつけてないうちに始めることを「先見の明がある」と言い、ビジネスの世界では「ファーストペンギン」と言います。

私はこのページで9ヶ月分の実績を公表しています。これからも損失が出ても随時公表していくつもりです。そういう儲かったり損したりしている人の姿を見て、自分も新しい一歩を踏み出してみようかと思う人が増えればそれでよいと思います。(もちろん儲かるに越したことはないのですが・・・。)

結果的に風力発電なり何なりへの投資が盛んになり、そういう中から活気のあるベンチャービジネスが立ち上がって行けばと想像をするのもまた楽しいことです。


クラウドバンク、どんな人が投資してるの? 現状の姿まとめ


1

この画像はクラウドバンクの公式サイトに掲出しているもの。
回収率100%、デフォルト(債務不履行)率0%。
もちろん将来どうなるかは分かりません。自分が投資した案件がなぜか暗礁に乗り上げるという可能性は否定できません。投資とはそういうリスクを背負ってやるものなので、あくまでも「今のところ、とくに使う予定のないお金」で運用するのが基本です。

ただし、現時点までの実績から判断する限りでは、定期預金よりもよほど効率のよい運用です。

どんな人が投資しているのでしょう?
2
これも公式サイトからの画像になります。関東、東海、近畿で全体のおよそ3/4を占めています。
逆に言うと、それ以外の地方でクラウドバンクに出資している人はかなりマネーリテラシーの高い人たちと考えられるでしょう。

3
これも公式サイトから。投資している人の半分近くは500万円未満の資産状況です。
つまり普通のサラリーマンで、新しい投資の形を模索している人が始めてみたと表現すれば当たらずといえども遠からずといったところだと思われます。

ちなみにですが、口座開設は申込から3日で可能になるようです。私は去年から始めていますが、サクッと申込が終わったのであまりはっきりと思い出せない位でした・・・。

公式サイトのQ&Aでは
最低投資金額はいくらですか?
クラウドバンクは1つのファンドについて1口1万円からご投資いただけます。
と書いてあるので、ちょっと余ってるお金があるという人は、以下にリンクを貼りましたので初めての投資にどうぞ・・・。
投資といっても株の短期売買みたいに殺伐としていない、淡々とした世界なので静かに収益が積み上がります・・・。(ただし、投資である以上リスクと隣り合わせであることはお忘れなく。)

【リンク】
クラウドバンク


関連記事:
投資は淡々と。2018年8月のソーシャルレンディング実績。