AI投資は怪しい。そう思っている方も多いでしょう。

本当に儲かるのか?

人間が見張ってなくて大丈夫なのか?

損するんじゃないか?

なんとなく尻込みしている方はきっとそうお思いでしょう。


私も実はそう思っていました。しかしAIがプロ棋士に勝利する様子を見ているうちに、「もしかしてAIの方が人間より優秀なんじゃないか?」そういう思いがしてきました。

だったら自分で試してやれ! そう思い、AI投資の有名どころ、「ウェルスナビ」にお金をえいやぁと突っ込んでみました!

すると・・・!?

piggy-bank-970340_960_720

ウェルスナビで赤字!

見事に赤字になりました! \(^o^)/オワタ
w1

その後もどうなることかとじっとウオッチしていました。

すると・・・!?

ウェルスナビほったらかしで黒字転換!

wealth

前回の記事(8月下旬)は-2,306円だったのが、今は+11,404円に黒字転換しました!

実際に自分で株を直接購入していたら、果たして1万3千円も損失を取り返せるだろうかと考えた時に、
・参考書を買って勉強したり
・個別の銘柄を選んだり
・いつ買うかタイミングを読んで
・いつ売るかまたタイミングを読んで
・上がったり下がったりするのに一喜一憂したり
する羽目になります。

こう考えるとAI投資は銀行に預金を眠らせておくよりもよほど効率がよいものなのかもしれません。
必ず収益が上がるわけではありませんので、投資は余剰資金でチャレンジするものですが、実際にやってみるとそれなりの実績を上げてくれています。
ちなみにですが、これは毎月一定額をコツコツと積み立てていくもの。
投資というと博打っぽいイメージがありますが、実際は淡々としたものです。

今日のまとめ

お金にまつわることで一喜一憂するのは正直メンタルによろしくありません。
それでもしょっちゅう「節約術」が雑誌の特集に取り上げられる位ですから、みんなお金で悩んでるんですね・・・。

しかし自分の給与以外でも投資などで毎月なにがしかの収入があることで、何かしらワンランク上の暮らしができたり、収入そのものを再投資して複利で運用できたりと、心に余裕が生まれます。

サラリーマンなら心当たりがあるかもしれませんが、「今月ちょっと厳しいから」といってわざと残業したり、なんていうライフスタイルからも卒業できます。
浮いた時間でジョギングして健康になるもよし、家族と過ごすもよし。

もしウェルスナビに関心のある方は、リンクを貼っておきますので、こちらからどうぞ・・・。