2018年8月4日からフジテレビ系列で毎週土曜 23:40~24:35に放送が始まった渡辺麻友主演ドラマ「いつかこの雨がやむ日まで」。

事前予想記事を書いた手前、第1話を早速チェックしてみました。

一体どんなドラマだったのか・・・?

「いつかこの雨がやむ日まで」全体のあらすじ


15年前、兄・國彦(桐山漣)がミュージカル女優で恋人の麻美(三倉茉奈)を殺した犯人として逮捕されて以来、ひかり(渡辺麻友)は「犯罪者の妹」として息を潜めて生きてきた。父を亡くし、精神が不安定な母・由布子(斉藤由貴)を支えながらキャバクラで働いているが、ミュージカル女優になるという幼い頃からの夢は追い続けている。ある日、ひかりは國彦が逮捕されるきっかけをつくった幼なじみ・和也(堀井新太)と再会する。そんな中、國彦が出所し、ひかりに「俺は麻美を殺していない」と告白する。
(出典:https://tv.yahoo.co.jp/tv_show/drama/summer/00001343drama.html)

このように夜中放送のドラマですが、なんだか気が重くなるようなお話です・・・。

「いつかこの雨がやむ日まで」第1話はどこがみどころだった?

全体的に暗い作品です。キャストが語るように、「闇」が深いと言ったらいいでしょうか。
厳しい生活にも負けまいとミュージカル女優を目指すひかり。その兄は殺人事件の犯人で、父は兄の逮捕直後に事業が行き詰まり、失意のうちに死亡。

母は精神疾患を患っており、ひかりは生活のためにキャバクラで働いています。

兄は出所ののち、妹ひかりと一度だけ会っていますが、その後足どりが途絶えてしまいます。

「暗い」と一言で片付けてしまえば簡単ですが、登場人物一人ひとりが背負う暗さの背景は「生活の苦しみ」「犯罪加害者の家族が背負う苦悩」「幼なじみの人生を狂わせてしまった悔恨」など様々。

役者さんたちがそういった苦しみをどう演じ分けているかがみどころであったと思います。

第1話の段階では話の全貌は現れておらず、これからの伏線が出てきたというところではないかと思われます。
第2話以降、さらに話が発展していくに違いありません。


人の闇を描く「いつかこの雨がやむ日まで」の渡辺麻友の演技や歌は?

北園ひかり(渡辺麻友)はキャバクラで働いています。源氏名はミルク。

でも案の定というか、好きで働いているようには見えません。
お客さんを笑顔で見送るものの、お客さんの姿が消えるとフッと真顔に戻ります。

ミュージカル女優を目指していることは、キャバクラの同僚からも馬鹿にされているようですから、そりゃ仕事のモチベーションも上がりませんよね。

それ以外にも、なにしろ犯罪加害者の妹という設定なのだから暗く沈みがちな表情が多い。

アイドルをやっていたときの表情は微塵もなく、「力になりたいなんて気安く言わないで」などのネガティブな台詞をこれでもかと喋り続けます。

IMG_20180805_000705

ミュージカル女優を目指すだけのことはあり、予想通り歌うシーンもありました。

しかし屈折した背景の人物を演じているので、どことなく虚ろな歌声でした。
特に、夜中ひとり布団の中で歌うシーンは、構図的にミレイの絵画「オフィーリア」を連想させるものがありました。

800px-John_Everett_Millais_-_Ophelia_-_Google_Art_Project
(画像:ウィキペディアより。オフィーリアはシェイクスピアの戯曲「ハムレット」に登場する、王子ハムレットの恋人です。彼が狂気を装ってオフィーリアの父を殺害してしまったことが原因で錯乱し、川に溺れて亡くなってしまいます。)

歌声というのは当然歌い手の心理を反映するもの。

今後ドラマの展開によっては虚ろな声が希望に満ちた力強い声になるのかもしれません。
あるいはますます絶望に心を塞がれてしまうような歌声になるのか・・・?

人の闇を描き出すような作品になっていると思われますので、アイドル時代には見られなかったような演技がますます見られるようになっているのではないでしょうか。

今後の展開を引き続きチェックしていきたいと思います。

関連記事:渡辺麻友主演「いつかこの雨がやむ日まで」どんな作品かみどころ予想

注:本作品は【フジテレビオンデマンド】 でも配信されています。登録すると1ヶ月無料とのこと。